BF4:最新のCTE変更内容 (パッチ16)公開。大規模な武器バランス調整準備やグリッチ修正など

BF4:最新のCTE変更内容 (パッチ16)公開。大規模な武器バランス調整準備やグリッチ修正など

Battlefield 4(バトルフィールド 4)』の新機能や改善を先行体験できるコミュニティーテスト環境(CTE)にて、武器のバランス調整やテスター報酬を含む最新の変更内容(Patch 16)が公開されています。

大規模な武器のバランス調整への布石を行っているようで、まだまだテスト段階ながらゲームにとって大きな変更になることが予想されます。以下DICEの公式発表より。

コアゲームプレイパッチ 16

ラウンド前のREADYステータス : ラウンド前の準備状態を、ゲームに接続されたプレイヤーを元に判断するように変更。チームに必要なプレイヤー数もラウンド前の接続数で判断され、足りない場合はスポーンスクリーンで待機状態になるように変更。

ビジュアルリコイルとサイトの改善 : レッドドットのサイズを少しだけ縮小し、以前のサイズに近づけた。

CTE報酬迷彩のラフ版 : CTEに参加してくれる熱心なテスターのための迷彩を追加。現在は”DICE”の迷彩のコピー(トップ画像)だが、最終的には調整を繰り返して明るいグレーを基調にしたものに変更予定。アンロック方法は後日公開。

デュアルクラスのエクスプロイトの対策 : 他クラスのガジェットが使えてしまうエクスプロイトへの修正を追加。

Hainan Resort : US基地周辺の浜辺における地形破壊を抑えめに変更。

Paracel Storm : Paracelのキャリアーの下を泳いで通過できないようにブロックを追加。

ミニマップアイコンの変更 : ミニマップのアイコンが、ミニマップのスケールに応じてサイズが自動変更されるようオプションを追加。ミニマップのスケールのテキストを少し上に移動し、コマンダーメッセージと被らないよう変更。ワールドアイコンのビークルでのズームへの対応。

武器とガジェットのバランス

ビジュアルリコイルや頭部の怯みアニメーション、ネットコードの改善により、戦闘のペースが早くなったのを受けた武器の調整を行う。それぞれの武器の役割を明確にすることが目標。

大きな変更を一度に加えると問題が発生する可能性があるので、最初はあまり大きな変更をせず多くの武器に小さな変更を加えている。

テスターには目隠しの状態(先入観のない状態)でフィードバックを送って欲しいと考えているので、全ての調整の説明は今は行わない。最初のフィードバックを受け取った後に、変更内容の詳細を発表したいと思っている。

ほぼ全ての変更はコミュニティーやプロのフィードバックを参考にし、我々がスターティングポイントとして相応しいと思うもので構成されている。武器の詳細等のテキストにはこの変更は適用されてないのでご注意を。変更が適用された武器とアタッチメントのリストが下記。

Heavy Barrel, Muzzle Brake, MP7, P90, JS2, L85, AWS, RPK74, RPK12, SR2, AR160, QBZ951, UMP9, PP2000, A91, SG553, AKU12, Type95B1, G36C, CZ805, M60E4, 1911, HK45C, RFB, ACE21, SCAR-H, Bulldog, ACE52, DEagle, FAMAS, F2000, AUG, MTAR, MPX, CBJMS, Type88

テストはまだ始まったばかりで、テスターのフィードバックを待っている状態だ。この他にも怯み動作のバグの修正や、サプレッション効果の変更を予定している。

全ての変更はCTEでテストを行う目的の変更で、通常のサーバーには登場しない変更なのでご注意を。

Source:MP1st

コメントする