スクエニへ家宅捜索、著作権法違反容疑で

スクエニへ家宅捜索、著作権法違反容疑で

一部メディアが本日(2014年8月6日)、スクウェア・エニックスが大阪府警察の家宅捜索を受けていると報道、その後スクウェア・エニックスがプレスリリースを発表し、家宅捜索が事実であることを認めています。以下4Game.netより。

 報道によると,スクウェア・エニックスは同社が発行する漫画雑誌の連載作品「ハイスコアガール」に,SNKプレイモアが著作権を持つキャラクターを無断使用した疑いがあるとのこと。

 これに対し,スクウェア・エニックスもプレスリリースで家宅捜索を受けたことを明らかにし,「現在、警察による捜査が行われているため、本件に関する詳細の公表は控えさせていただきます」としている。

ハイスコアガールは押切蓮介氏によるクラシックゲーム・ラブコメディ漫画で、『ストリートファイター』を始めとして様々な懐かしいゲームが登場します。

Source:4Gamer.net

コメント1
CATEGORY :

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By たま

    COD高騰フラグ?

コメントする