Battlefield 4:9月配信予定の大規模アップデート内容

Battlefield 4:9月配信予定の大規模アップデート内容

開発元のDICE LAチームは、9月に予定している『Battlefield 4(バトルフィールド 4)』の次回のゲームアップデートに向け、CTEで取り組んでいる大規模な変更内容や改善項目、そしてその後に予定されるチームプレイの改善などの取り組みを公式ブログにて公開しました。

コアゲームプレイのアップデート

9月のリリースを目指して2ヶ月前から取り組まれている、「ゲームプレイの核となる部分の改善」を締めくくるアップデート内容です。これまでにEAAでお伝えしてきた内容も含まれますが、加えられた多くの調整と改善の主な内容は以下のとおり。

ゲームモードの改善

ゲームモードのラッシュ、オブリタレーション、オブリタレーション・コンペティティブ、コンクエストキャプチャー・ザ・フラッグ、キャリア・アサルトの包括的な改善と微調整が完了。

ビジュアルリコイル

近中距離用の光学レティクルが、銃のリコイルと共に動かなくなるように変更。ただし弾のバラつきや距離による弾丸降下は依然として存在する。

兵士の動作

兵士の見た目は『BF4』そのままだが、キャラクターの動きが『BF3』の動きに近くなるように変更を加えた。これにより混戦の最中に脱出しやすくなる。

また、被弾時のアニメーションで頭部があまりブレないように調整を施し、より狙いをつけやすくなる変更を行った。

HUDのトリアージ

HUD / UIに見やすさと整理された状態を実現するため、大事な要素のみを表示するのが重要だった。いくつかのオプションを追加することで、プレイヤーの好みで調整できるような機能を残しつつ、より整理されたHUDを実現。

蘇生機能の改善

パッドがチャージされた際のサウンドの追加や、蘇生が不能になるまでの残り時間がわかるタイマーの追加。ラグドールの改善を行い、蘇生機能をより使いやすく強力に変更した。

ネットコードの改善

Pingの改善、相討ちや壁の裏でのキルされる頻度の低下を実現した「ハイフリクエンシー・アップデート」設定をすべてのプラットフォームで強制、弾丸ダメージのタイミングを改善する予定。

ビークルのバランス調整

強化や弱体化が必要なビークルの特定と調整。

武器のバランス調整

ビジュアルリコイルの改善、キャラクターアニメーションの改善、そしてネットコードの改善により、スピードアップした戦闘時間をより安定して持続するものにするために、ダメージやリコイルの変更を継続して行う。

サプレッションシステムの再調整も実施した。

関連エントリ: BF4:大きく変更された武器・アタッチメントのステータス詳細(CTE)

今後の予定

コアゲームプレイの改善が完了次第、チームプレイとオブジェクティブにフォーカスした変更に焦点を当てる。

これにはコマンダー、スクワッド、フィールドアップグレード、ゲームモードの改善、その他の機能やバグの修正が含まれる。

タイトル バトルフィールド 4 [記事一覧]
発売日 2013年11月7日
DLC China Rising, Second Assault, Naval Strike, Dragon’s Teeth, Final Stand
開発/販売 DICE / Electronic Arts
Amazon PS4, PS3, Xbox One, Xbox 360, PC, Origin
公式 EA公式サイト

Source:Battlefield Official Blog

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ゲースト

    そういえばDLCってもう終わりなの?

    • By 暇人

      あと1つ残ってますよ

コメントする