初代バイオのHD版『biohazard HD REMASTER』まとめ。発売日は11月27日

初代バイオのHD版『biohazard HD REMASTER』まとめ。発売日は11月27日

色褪せない名作『バイオハザード』を、現行機や次世代機向けにリメイクした『biohazard HD REMASTER(バイオハザード HDリマスター)』のまとめです。

1996年3月に発売されたサバイバルホラーの金字塔・初代『バイオハザード』。その第1作をリメイクした『biohazard』が2002年に発売され、更にその『biohazard』をHD化したのが本作『biohazard HD REMASTER』となります。

デビュートレイラー

biohazard HD REMASTER 1st トレーラー

『バイオハザード HDリマスター』

  • 対応機種: PS4/PS3/Xbox 360/Xbox One/PC
  • 発売日: 2014年11月27日(PS3/Xbox 360), 2015年初頭(PS4/Xbox One/PC)
  • 価格: 3,990円(PS3 ディスク版), 3,694円(PS3,Xbox 360 DL版), 未定(PS4/Xbox One/PC)
  • CEROレーティング: D
  • 解像度: 720p(PS3/Xbox 360), 1080p(PS4/Xbox One/PC)
  • フレームレート: 30fps(共通)
  • サウンド: 5.1ch

公式サイトによるとPS3以外の機種はダウンロード版のみの提供となる模様(2014年9月時点)。なおディスク版へは、数量限定で本作の特別映像がダウンロードできるコードがプレゼントされます。

そこを歩く、という恐怖。再び

初代バイオのHD版『biohazard HD REMASTER』まとめ。発売日は11月27日

カプコンは、初代の持ち味を損なうことなく、グラフィックやサウンドを高品質化し、インターフェイスなどを現代のプレイ環境に向けて最適化。原作での”圧倒的な恐怖”はそのままに、より精細に、かつ臨場感が増したとしてます。

グラフィックHD化

グラフィックHD化1

グラフィックHD化2.jpg
最新の高解像度化技術と動きのある設置物の3Dモデル化により、高精細化された背景やキャラクター。さらに原作発表当時では実現が難しかったブルーム効果などのポストエフェクトにより、恐ろしくも緻密なグラフィックをHD画質で再構成。

ワイド画面対応

ワイド画面対応
原作と同じ画面比率(4:3)での表示はもちろん、HDリマスター版ではワイド画面(16:9)表示へも対応。
ゲーム中だけでなくドラマを盛り上げるカットシーンやCGムービーもワイド画面に対応している。
さらに、ワイド画面表示中は「画面スクロール機能」を搭載。表示しきれない背景部分は、プレイヤーの移動に合わせて上下にスクロールする。

サウンド & 日本語ボイス

サウンドは5.1chに対応。サンプリングレートをアップし、リマスタリング。
新たに追加される日本語ボイスには以下の声優陣が出演します。(敬称略)

  • クリス・レッドフィールド(東地宏樹)
  • ジル・バレンタイン(湯屋敦子)
  • アルバート・ウェスカー(中田譲治)
  • バリー・バートン(屋良有作)
  • レベッカ・チェンバース(小清水亜美)

また、特典として、過去の『バイオシリーズ』で特別な特典として制作された「ウェスカーズリポート Ⅰ&Ⅱ」をリマスター化し収録。15分以上の映像と30ページからなるテキストで、事件の真相を垣間見ることができます。

初代の登場から約17年。久々にプレイしたくなった初代のファンもいるのでは?
『biohazard HD REMASTER』は、近く行われる東京ゲームショウ 2014でプレイアブル出展されます。

バイオハザード HDリマスター ((初回特典)『バイオハザード HDリマスター』特別映像ダウンロードコード 同梱)
B00MGHDAGG

Source: biohazard HD REMASTER, Game*Spark

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By a

    追加コンテンツ無し、PC版もFPS30、家版があの値段、よし買わない。

  2. By わんわんお

    ホラーゲーム苦手でスルーしてたけど、これを機にバイオデビューしようかな

コメントする