[MW3] BAN対象となる行為や罰則期間などの詳細発表、BANツール画像も

[MW3] BAN対象となる行為や罰則期間などの詳細発表、BANツール画像も

Call of Duty: Modern Warfare 3の開発元であるInfinity Wardが、BANの詳細とBANツールの画像を公開しました。ブースト、チート、グリッチと細かく別れており、誰が何を何回やったか、完全に把握できるようです。


Infinity Ward

BANの規定

ブースト行為

組織的な協力或いは個人のプレイにおいて“ゲームを悪用”し、経験値の取得、プレステージ、スコア、武器レベル、各種アイコン、タイトル他ゲーム内のアンロック要素を得るプレイヤーが対象。

  1. 初犯:適切な検証により48時間のBANと統計のリセット
  2. 再犯:適切な検証により48時間のBANと統計のリセット、さらにスコアボードから永久BAN
  3. 三犯:適切な検証により7日間のBANと統計のリセット、引き続きスコアボードから永久BAN

チート使用

未知のブースト行為やグリッチ利用、ハッキングにより“ゲームを悪用”し、経験値の取得、プレステージ、スコア、武器レベル、各種アイコン、タイトル他ゲーム内のアンロック要素を得るプレイヤーが対象。

  1. 初犯:適切な検証により48時間のBANと統計のリセット
  2. 再犯:適切な検証により48時間のBANと統計のリセット、さらにスコアボードから永久BAN
  3. 三犯:適切な検証により7日間のBANと統計のリセット、引き続きスコアボードから永久BAN

グリッチ利用

バグとして存在するマップホールの悪用やジャベリングリッチ、改造ロビーへの関与などが対象。

  1. 初犯:適切な検証により48時間のBANと統計のリセット
  2. 再犯:適切な検証により48時間のBANと統計のリセット、さらにスコアボードから永久BAN
  3. 三犯:適切な検証により7日間のBANと統計のリセット、引き続きスコアボードから永久BAN

ハッキング

実行可能なツールの利用や感染ロビーの作成などを行いゲームを悪用するプレイヤーが対象。

  • 初犯:適切な検証によりコンソールからBAN

攻撃的な行動

ゲーム内における暴言やいやがらせ、擾乱など、他のプレイヤーが一般的に許容しがたい行為が対象。

  • 初犯:適切な検証により24時間のBAN

攻撃的なゲーマータグ

他のプレイヤーが一般的に許容しがたいゲーマータグが対象。

  • 初犯:適切な検証により約5000プレイヤーがBAN、一定のしきい値を超えるゲーマータグはプレイの禁止に結びつく場合が存在する。
正義のBANハンマーが振り下ろされるBANツールの画像

コメントする