フォーオナー

Destiny:“地球穴”で狩られ続けた敵の怨念が発生「ラフールめ、仏の山を築いてもなお…」

Destiny:“地球穴”で狩られ続けた敵の怨念が発生「ラフールめ、仏の山を築いてもなお…」

昨日のパッチにて武器性能へ大きな変更が加えられた『Destiny(デスティニー)』ですが、このパッチと同時に人気だった稼ぎスポット“地球穴”へ、死体の山とノイズ混じりのメッセージが仕込まれている事が判明しました。


これは穴の中で死んでいった敵達が、マスター・ラフール(クリプトアーキ)へ宛てた恨み節のようなものとなっており、あの稼ぎスポット騒動を象徴するかのようなメッセージです。

遺跡の残骸

英語版

「A million deaths are not enough for Master Rahool…(マスター・ラフールは100万の死体を築いても満足しない…)」

Loot Cave message

日本語版

「ラフールめ…仏の山を築いてもなお…」

旧地球穴からの声

ラフールさんはすっかりこのイヤラシイキャラが定着したようです。

via Anonymous, 豆腐の日常 Thanks!
EAA!! ではみなさんからの情報提供をお待ちしています。