フォーオナー

CoD:AW :「エグゾゾンビ」モードのティザー、イメージ、音声が続々公開

CoD:AW :「エグゾゾンビ」モードのティザー、イメージ、音声が続々公開

Call of Duty: Advanced Warfare(コール オブ デューティ アドバンスド・ウォーフェア)』の公式ツイッターアカウントが第一弾DLC “Havoc” で実装される「エグゾゾンビ」モードのティザー動画、画像、音声を次々と公開しています。

エグゾゾンビ動画

まずは動画から。最初の動画は武器の3Dプリンターされており、これは過去のゾンビモードに登場したミステリーボックスに良く似たものと予想されます。

2本目の動画はエグゾスケルトンのラックのようなものが映しだされており、これが何を示しているのかは謎ですが、アップグレード等を施す場所だったりするのかもしれません。

エグゾゾンビ 音声ファイル

次に音声ファイルですが、男の声で「地下で何かが逃げ出した。何か嫌なものが」と意味深な発言をしているものになっています。

エグゾゾンビ イメージ

画像は大量にあり、施設内で逃げ遅れたアトラス職員(#ID8122153)になりきってツイートしているので、翻訳と同時にお楽しみください。

「拘置所なんてあったか?フム、すべて空だ。中には何がいたんだ?」

「活動中の職員をスキャン中・・・」

ここで、4名のメインキャラクターの1人の画像が登場。画像から彼の職種が施設のメンテナンスであることが分かります。

「近くの部屋をスキャン中・・・」

「体だ。あるはずのない人間の体が部屋にある。い・・生きてるのか!?」

「警備が破られた。生存者を探索中。1名を近くで発見。」

ここで2人目のメインキャラクターの画像が登場。彼の職業は警備となっています。

「アウトブレイク」

「セキュリティの映像を急いでアップロードしている。人々は真実を知る必要がある。」

「会社はこのことを知っているのか?? 幹部の職員ファイルにハッキングをしてみる。」

ここで3人目のメインキャラクターの画像が登場。職種は幹部となっており、エグゾゾンビのストリーの核を握っていそうな人物です。

「通信を終わる。最期の通信を行う、朝までに送信できるだろう。私も脱出できることを願っている・・・。」

そして最期のメインキャラクターの画像が登場。職種はITとなっており、唯一の女性です。

Xbox One/Xbox 360版の第1弾DLC “Havoc”発売日は1月27日で、PCとPS3/PS4版は2月27日前後になると予想されています。