Destiny:「クロタの最期」ハードモードが早速クリアされる、ノーマルとの違いも判明

Destiny:「クロタの最期」ハードモードが早速クリアされる、ノーマルとの違いも判明

Destiny(デスティニー)』で本日の午前3時から開放された「クロタの最期」ハードモードの世界初クリアが確認され、その特徴やイメージが未公開であった新ドロップの情報も公開されています。

クロタの最期 ハードとノーマルの違い

判明しているハードモードとノーマルモードの違いは下記となっています。

  • 体力の回復を助けてくれる「光の聖杯」が無い
  • ハロウドナイトとオーガが大量に出てくる
  • クロタ戦でウィザードが登場する
  • シュリーカーがもう一体出現し、更にリスポーンもする
  • 蘇生なし、すべての敵がレベル33
  • デスシンガーの歌が早く始まる
  • ネクロチャズムへの進化に必要な「クラックスオブクロタ(Crux of Crota)」は必ずドロップするわけではない

なお、クラックスオブクロタは「エイドロンアリーを装備した状態でないとドロップしない」という予想もありますが、こちらは確認が取れていません。

世界初クリア

記念すべき世界初クリアを達成したのはクラン「One and Done」で、クリアには約30分を要したことが判明しています。

新装備

また、新ドロップであるシェーダー「グロウホー(Glowhoo)」の画像と、新スパロー「グレイブロバー(GraveRobber)」の画像も公開されています。

『Destiny(デスティニー)』グロウホー

グロウホー

『Destiny(デスティニー)』グレイブロバー

グレイブロバー

公開から1時間もたたずに世界初クリアとなりましたが、皆さんの進捗はいかがでしょうか?公開時間が平日の早朝ということもあり、プレイしていない方も多いと思いますが、進捗をコメントやツイッターでお知らせください。

Source: Planet Destiny

コメント1
CATEGORY :
TAG :
  • ひたぎ

    メロン向けのシェーダーだったのか
    クリアできるかなぁ