CoD:BO4:今から始める「ブラックオプス4」- FPS初心者はまず何をするべきか?

CoD:BO4:今から始める「ブラックオプス4」- FPS初心者はまず何をするべきか?

ついに発売された期待の大作FPS『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』。売上や配信数でも歴史的な数字を叩きだし大ヒットと言っても過言ではない状況です。もちろんローンチ直後の混乱は多少あるものの、例年のブラックオプスシリーズに比べれば異常にスムーズなスタートといっても過言ではないでしょう。

今回は、FPSゲームの基本と言える『コールオブデューティ』シリーズ最新作『CoD:BO4』 を、これから始めようと思っている方への初心者講座です。もし良い内容だと思ったら初心者の方へ見せてあげてください。

今から始める『ブラックオプス4』

『CoD:BO4』には他人と対戦して勝利を競う「マルチプレイヤー」、最後の1チーム/1人になるまで生き残ることが目的の「Blackout(ブラックアウト)」、そして敵ゾンビを倒しまくる「ゾンビモード」が用意されています。

まずは「スペシャリストHQ」で遊ぼう

今作にはプレイの基礎を学べるモード「スペシャリストHQ」が搭載されています。非常に親切なモードで、『コールオブデューティ』の撃つ、しゃがむ、走るといった基本操作を初め、プレイヤーキャラクターであるスペシャリストたちの特性や、各種ゲームモードのルールをプレイしつつ学ぶことができます。また、スペシャリストたちのバックストーリーも楽しめます。

CoD:BO4 – FPS初心者はまずこれをやろう「スペシャリストHQ」プレイ動画 – EAA

意外な特性の紹介含め実践的な内容になっているので、FPSに慣れているプレイヤーも一度覗いてみることをオススメすます。また、「ゾンビ」にもチュートリアルが用意されており、どういったゲームなのかを体験しながら知ることができます。

CoD:BO4 – ゾンビモード チュートリアル(日本語版)

どのゲームモードから始める?

マルチプレイヤーでは味方と協力して戦うゲームモードと、自分ひとりの力で戦うゲームモードが用意されています。最初は、自分以外は全員敵となるマルチプレイヤーの「FREE FOR ALL(FFA / フリーフォーオール)」や「TEAM DEATH MATCH(チームデスマッチ)」、Blackoutの「Solo(ソロ)」モード、敵AI兵士と遊べるローカルの「カスタムゲーム」で遊んでみてください。

フリーフォーオール
ソロ

「ローカル」でレベルアップ

まずは練習したい方やいきなり試合デビューは怖いという方は、ローカル(オフラインモード)のマルチプレイヤーで「ボット」と遊ぶ「カスタムゲーム」が非常にお薦めです。敵のAI兵士と好きなマップやカスタムで遊べるいわゆる「ボット撃ち」で、敵AIたちの強さを設定できるので、最も弱い設定にして連続キルの爽快感を味わったり、逆に難しくしてテクニックを磨くこともできます。武器やスコアストリークも思う存分楽しんで学べるのも大きな利点。上級者もヘッドショットの練習などによく利用しているモードです。

トップメニューからローカル→ マルチプレイヤーを選択。装備のカスタムやボットの追加を忘れないように

「ボット撃ち」や「FREE FOR ALL」に少し慣れてきたら、次はシンプルな撃ち合いに特化した「TEAM DEATH MATCH(チームデスマッチ)」がいいかもしれません。更に慣れてきたら、「HEIST(ヘイスト)」や「CONTROL(コントロール)」、「DOMINATION(ドミネーション)」といった、いわゆるオブジェクトルールのゲームモードをやってみましょう。これらのルールでは敵をキル(倒す)すること以外にも、陣地を取る、物資を運ぶといった目的が設定されています。敵がそちらに集中していれば、不慣れなプレイヤーでも敵を倒すことができる確率が上がります。やるからには倒せたほうが楽しいですもんね。

なお「SEARCH AND DESTROY(サーチ&デストロイ)」も非常に面白いモードですが、上級者がちょっと多い傾向にあります(初心者もいますが)。また「ドミネーション」は強豪プレイヤーたちがチームを組んでガチプレイしている場合などもありますが、そこはまた別の話。敵が強すぎると思ったら、試合終了後にその部屋を退出して新たに試合を開始するのも良いでしょう。

お勧めの武器やスペシャリストは?

スペシャリストは「スペシャリストHQ」でプレイして気に入ったスペシャリストを使ってみてください。サポートタイプやキルを稼ぐタイプがありますが、自分に合ったキャラクターで問題ありません。最初に使う武器は、扱いやすく、FPSの基本的な性能を持つアサルトライフルの「ICR-7」がお勧めです。サイトにはクセがない「リフレックス」を付け、アタッチメントは「グリップ」「クイックドロー」(アンロックでき次第装着)が良いでしょう。これを基本として、その後は徐々にアンロックされる武器やアタッチメントで好みのカスタムを探してみてください。

アサルトライフル

ギアは素早く体力を回復できる「スティムショット」や、少しだけ倒されにくくなる「ボディーアーマー」が人気です。

マップ把握と立ち回り

FPSゲームにおいて非常に重要な要素のひとつはマップ構造の把握です。基本的には高台が有利とされ、障害物に隠れながら敵を射撃できるカバーポイントも把握しておきましょう。こう書くと難しそうですが、要は味方についていったりプレイするうちに「ここからいつもやられるな」、「ここでなら勝ちやすいな」、「敵はこっちからスポーンしてくるな」といった経験を積むことです。経験を積むと予測する力が向上し、FPSでの勝利に重要な「立ち回り」を学ぶことができます。

最初のうちはあまり走り回らず、味方について行きつつ、ゆっくりと動きながら敵を探しましょう。デス(やられる)して覚えるのも王道ですが、何度もデスしてしまってもあせらず落ち着いて狙えば必ず撃ち勝てる時がきます。チーム戦の場合は、できればサブ武器欄に敵のストリークを撃墜できる「HELLION SALVO」を装備してから試合に参加し、敵の「UAV(味方の位置が敵に表示されてしまう)」や「ヘリコプター(空から撃たれる)」などが飛んできた際に率先して撃墜すれば、初心者でもチームに充分に貢献できます。

これは初心者に限らずの話ですが、UAVやヘリコプターなどを放っておくと戦況が更に悪化するので、できるだけ早い段階で撃墜しましょう。撃墜するとついでにポイントももらえるのでお得です。

オプションは?

操作感覚に直結するオプション設定も一度は見ておきましょう。

  • 視点移動感度:カーソルと視点の動きの速さを選べる「視点移動感度」は、早ければうまいというイメージがあるかもしれませんが、4などの低感度で活躍するプレイヤーもいます。最初は遅くしておき、徐々に数字を上げて自分にあった感度を探しましょう。
  • アシスト:PS4やXbox Oneの方は「ターゲットアシスト」と「エイムアシスト」はONにしておきましょう(デフォルトでON)。これはPCと違い敵をすばやく狙えないコンソール機特有のオプションで、カーソルがある程度自動で敵を追従する便利な機能です。
  • 振動機能:臨場感はなくなってしまいますが、エイムの邪魔になると感じたならオフにしてしまいましょう。
  • ボタン配置:好みでも問題ないのですが、PS4やXbox One版『CoD:BO4』の場合は「タクティカル」や「バンパージャンパー」が有利かもしれません。あまり使う機会のない「近接攻撃」よりも伏せなどを優先する設定です。
  • ネットワーク:家の構造や事情で無線LANになってしまうこともあるでしょうが、できるだけ有線でプレイしましょう。NATタイプは「オープン」にしておかないとフレンドと遊ぶのが難しくなります。オープンでない場合はルーターメーカーの設定ページなどを確認してみてください。

もっと上達するには?

  • 状況把握:左上のミニマップ(Fog of War)で味方の位置や向いている方向、敵の位置などを把握できます。画面上の味方がデスしたマーク(ドクロ)やアナウンスは、戦場の状況を把握する重要な要素です。敵がどこに、何人くらいいるのか? 常に考えながらプレイすることを心がけましょう。

  • キルカメラを見る:デスしてもすぐにリスポーン(復活)せずに、自分がデスしたシーンをキルカメラで確認してみましょう。どこからどうやってやられたのか? 見るだけで経験値が上がります。

  • 腰撃ちとエイム:覗き込まずにそのまま撃つ「腰撃ち」と、覗き込んで正確に狙うエイムを使い分けましょう。とっさに敵に出会った場合は、素早く撃てる腰撃ちで対応することで勝率が上がります。
  • 交戦距離と弾数を意識:武器の特性を知れば、その武器が得意な交戦距離が把握できます。この距離なら何発でキルできるのか? 今何発当てたのか? を意識しましょう。スナイパーライフルと、サブマシンガンやショットガンでは交戦距離はまったく異なります。
  • ヘッドショット:慣れてきたらできるだけ敵の頭を狙うことを意識しましょう。胴体部分のほうが的が大きく当てやすいですが、頭部を狙うことで素早く倒すことができます。
  • 有利ポジション:BO4に限らずFPSには敵に撃ち勝ちやすい有利なポジションが必ずといっていいほど存在します。取れていない場合は逆に危険なポイントなので、慎重に確認してから進みましょう。
  • デバイス:プレイ環境は戦績に影響します。FPSが楽しくなってきたら、ゲーミングヘッドセットゲーム用モニターの導入を検討してみましょう。索敵や見やすさが向上します。
  • 途中抜けはしない:もし敵が強すぎる場合でも、試合の途中で終了するのは避けましょう。別のプレイヤーがその試合に途中参加させられてしまいますし、負け試合でも頑張っていれば逆転の目もあります。惨敗でも考えながらプレイすれば必ず何か得るものがあるはずです。
  • 動画を撮る:ゲームの「シアター」などで自分のプレイをあとで見返すのはとてもお勧めです。プレイしている時には気付かなかった、もっと良い選択や弾の無駄撃ちなどに気付けるはずです。
  • 動画を見る:以下のような初心者講座動画をみて予習しておくのもお勧めです。どういった設定が自分に合っているのか? どうすれば撃ち勝てるのか? 自分でプレイするのが最も重要ですが、自分だけでは気付かなかった発見もあるはずです。
【BO4解説】今作から始めても間に合う!!COD初心者向け講座・入門編!!【FPS解説動画】

【BO4解説】絶対に強くなれる!!COD初心者講座・応用編!!【FPS解説動画】

それでは初心者のみなさん、戦場でお会いしましょう!

関連記事CoD:BO4:初心者は絶対見ておきたい「エイム上達講座」

『Call of Duty: Black Ops 4(コール オブ デューティ ブラックオプス 4)』の発売日は現地時間2018年10月12日で、対象機種はPlayStation 4 / Xbox One / PC。