CoD:BO3:キャンペーン概要。舞台は『BO2』の35年後の2060年、特殊能力“Cyber Cores”、4人協力プレイなど

CoD:BO3:キャンペーン概要。舞台は『BO2』の35年後の2060年、特殊能力“Cyber Cores”、4人協力プレイなど

Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』では、リークされていた通りシリーズ初のキャンペーン4人協力プレイが登場。その世界観や特殊能力“サイバーコア”など、いくつかの情報が明かされています。

キャンペーンは2060年が舞台、協力プレイもあり

防空テクノロジー“DEAD”

CoD:BO3』の舞台は『CoD:BO2』の35年後である2060年。世界は“DEAD(Directed Energy Air Defense / ダイレクトエナジーエアディフェンス)”と呼ばれる指向性エネルギーによる防空テクノロジーを開発。制空権が意味を成さなくなり、軍の強さは全て地上の兵力に集約される形となっている。

インターフェイス“DNI”

BO3の世界では“DNI”(Direct Neural Interface / ダイレクトニューラルインターフェイス・神経直結インターフェイス)と呼ばれる新しいテクノロジーが登場。兵士が自らの生理機能の完璧なコントロールが実現し、コンピューターシステムと強化された(義体化された)腕や足などを含む兵士を統合することも可能。

特殊能力“Cyber Cores”

特殊能力を発揮できるツール”Cyber Cores(サイバーコア)”が登場。キャンペーン中にいつでも使用が可能な”Cyber Cores”の中には、物体を発火させることが”Immolation(イモレーション / 生贄)”、ドローンなどの遠隔操作されているマシンをハックできる”Remote hijack(リモートハイジャック)”などが存在する。

4人協力プレイ

キャンペーンでは最大4人によるオンラインでの協力プレイが可能となっており、過去作よりも多くの開けたステージやアリーナのような場所をフィーチャーすることになる。

Official Call of Duty®: Black Ops III Reveal Trailer

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By US.MJTK

    おー

コメントする