『ボーダーランズ 3』(仮称)、『バトルボーン』のDLCが終わり次第開発開始

『ボーダーランズ 3』(仮称)、『バトルボーン』のDLCが終わり次第開発開始

5月19日に発売が予定されている『バトルボーン(Battleborn)』の開発を行っているGearbox Softwareですが、人気シリーズ最新作となる『ボーダーランズ 3』(仮称)の開発に関して興味深い発言を行いました。


これは現在開催されているゲームの祭典「PAX East」で、Gearbox Softwareの代表であるラリー・ピッチフォード氏の発言から明らかになったもの。氏は「秘密じゃないよ。当然のことながらボーダーランズの次回作はあるよ。まだボーダーランズ 3と呼ばれるのかすら分からない。みんな知っているようにボーダーランズ 4とも呼べるしね」となんともフランクに人気シリーズの最新作について語ったようです。

開発開始の時期に関しては5月19日に発売が予定されているGearbox Softwareの最新作である『バトルボーン」とそのDLCの開発が終わり次第とされており、現在分かっているものでも5体のヒーローや様々なアップデートが無料配信される以外にも、ストーリーオペレーションや複数のヒーローのスキンや挑発が同梱される有料のアドオンパックが5種予定されているのを見ると、かなり先の話になることが分かります。

すでにキャラクター案なども

ボーダーランズ「スクーター」

さらに前作のアートを担当したスコット・ケスター氏が次回作でもアートを監修。脚本は代表作に『Brothers in Arms: Road to Hill 30』や『Counterstrike: Condition Zero』を持ち、同社でクリエイティブを率いるミッキー・ニューマン氏が担当することが決まっています。

ニューマン氏はすでに『Boarderlands 3』に向けてキャラクターのアイデアを出しているとも語り、その1つとして前作で氏が声を担当した人気キャラクター「スクーター」の息子のスクーパーを例として挙げています。

まだ公式として決定していることは何もないと締めくくられていますが、なかなかどうしてフレッシュなラインナップが期待できそうです。

バトルボーンにボーダーランズのイースターエッグも

バトルボーン

また、すでに『バトルボーン』には多くの『ボーダーランズ』のイースターエッグがあることも明らかにされており、ラリー氏は「今あるすべてのイースターエッグは過去のボーダーランズ作品のものだが、未来の作品のイースターエッグをDLCで追加したらどうなるかな?」と発言していることから、『ボーダーランズ 3』(仮称)のヒントとなるようなイースターエッグがDLCで追加されるようです。

Source: Eurogamer

コメントする