モバイル戦略カードゲーム『Titanfall: Frontline』正式発表、2016年秋に基本プレイ無料で配信

モバイル戦略カードゲーム『Titanfall: Frontline』正式発表、2016年秋に基本プレイ無料で配信

以前ネクソンが告知したスマホ版『Titanfall(タイタンフォール)』を複数リリースするとの発表ですが、そのうちのひとつと思われるモバイルゲーム『Titanfall: Frontline』が正式に発表されました。配信日は2016年秋で、対象はにiOS及びAndroid。基本プレイ無料のリアルタイム戦略カードゲームです。


『Titanfall: Frontline』は、プレイヤーが司令官として他のプレイヤーとリアルタイムで直接対決する戦略カードゲームで、対戦相手の裏をかくため、上級戦闘員である「パイロット」、巨大ロボット「タイタン」及び特殊効果を発揮することができる「バーンカード」による戦略的コンビネーションを駆使して戦います。

また、何百もの「パイロット」、「タイタン」及び「バーンカード」により、司令官は隊員を集めてアップグレードし、独自のデッキを構成することが可能。即時にダメージを与えるため軽装備でスピーディーな「パイロット」や「タイタン」を組み合わせて投入したり、強力な防御部隊や軍事施設、支援部隊の増強により敵を弱らせたりと、プレイスタイルに合わせて、IMCあるいはミリシアといったゲーム内組織を結成することができます。

titanfallfrontline

Particle Cityの共同設立者であるLarry Pacey氏のコメント

カードバトルならではの戦略性やコレクション要素に、『Titanfall』特有のゲームプレイ要素を盛り込むことでゲームジャンルを進化させるべく、Respawnと協力してまいりました。バトルの流れを変えるために「タイタン」を地上に投下する点から、「タイタン」を倒すために特殊スキルを発動する「パルクール」と「ロデオバーンカード」のコンビネーションを駆使する点まで、『Titanfall®: Frontline』は原作を忠実に再現しています。

ネクソンMのゼネラルマネージャー ローレンス・コウ氏のコメント

『Titanfall』シリーズはFPSジャンルに革命を起こしました。『Titanfall®: Frontline』においても同様に、Particle Cityは創造性に富んだ手段で、戦闘に一層深みを与えたほか、トレーディングカードゲームのジャンルにおいて、これまでにない戦略性を加えています。同作は、『Titanfall』の世界観に基づいた、素晴らしいSF体験が可能なモバイルゲームの先駆けと言える作品であり、今後世界中のユーザーの皆様にお届けできることを楽しみにしております。

RespawnのCEOであるVince Zampella氏のコメント

Respawnのチーム、さらには世界中の『Titanfall』ファンは、『Titanfall 2』と『Titanfall®: Frontline』という、同シリーズの世界観に基づいた非常にユニークな新作ゲームの配信を控え、盛り上がりを見せています。『Titanfall®: Frontline』は、原作ならではのゲーム体験のみならず、スマートフォンを利用する皆様にもお楽しみいただけるような、爽快かつ戦略的なアクションが特徴的となっております。

  • なくすらーます

    ハースストーンかな

  • 同志

    こういう絵柄すこ