CoD:WWII:パッチ1.06にてXbox One Xのフレームレートが30fpsまで落ち込む現象発生中(比較動画あり)

CoD:WWII:パッチ1.06にてXbox One Xのフレームレートが30fpsまで落ち込む現象発生中(比較動画あり)

先日、ランクマッチに関する致命的な問題の解消が発表された『Call of Duty:WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』ですが、Xbox One Xにて最新パッチ(<a href=”http://fpsjp.net/archives/296410″”>1.06)以降にフレームレートが不安定になり、30fpsまで落ち込む現象が発生していることが明らかになりました。

フレームレート比較映像

これはYouTubeチャンネルVG Techによって投稿された動画から明らかになったもの。パッチ「1.0.4」と比べると「1.0.6」ではカットシーンにおいてフレームレートが30fpsまで落ち込み、通常プレイ時にもフレームレートが不安定になっている様子。

Call of Duty WW2 Xbox One X 1.04 vs 1.06 Frame Rate Test

問題の原因は不明ですが、カットシーンでのフレームレートの落ち込みは意図されているような印象も? ローンチ以降に多くの問題が発生している本作ですが、Sledgehammer Gamesによる説明などがあればお知らせします。

『CoD:WWII』の発売日は2017年11月3日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: MP1st

  • xxx

    PS4pro版の解析動画も来たで