BF4:サーバーに最新パッチ適用、ローンチからのバグ「ダスティング」問題を修正

BF4:サーバーに最新パッチ適用、ローンチからのバグ「ダスティング」問題を修正

Battlefield 4(バトルフィールド 4)』で、一部のビークルで主砲などを打った際に敵に当たったものの、破片や埃などのエフェクトが表示されるのみでダメージが与えられない問題、通称「ダスティング」問題を修正するサーバー側のパッチがリリースされています。

夏パッチの配信以降、「ダスティング」問題を報告するプレイヤーが増えていました。このバグはゲームの発売時から存在していたもので、夏パッチの配信後には、より顕著に発生していたようです。

Battlefield 4 – Dusting

今回配信されたサーバー側の最新パッチはこのバグを修正するものとされています。パッチノートは下記になります。

R52サーバーアップデート

  • FrameHistoryTimeが1.0のはずが、0.125になってしまっていたビルド問題を修正。これにより特定の移動速度の早いビークルの「ダスティング」問題が大幅に改善される。
  • ハードコアのプリセットがCustom/Unknownに切り替わる問題の修正

このサーバー側のパッチはすでにダウンロードが可能となっており、全てのサーバーオペレーターがアクセス可能となっています。

Source: BF4 Central

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By EAA!!

    修正しました///

    • By papapa

      そのままでもよかったのよ?

  2. By ジョニーのジョニー

    みんなンダスティグに夢中でアプデ内容が頭に入ってこないよwww

  3. By 名無し

    ンダスティグてwwww
    すごい誤字だな…

  4. By 名無し

    ンダスティグわろてしまった

コメントする