オーバーウォッチ:エイムアシスト機能の開発に『CoD:BO3』のTreyarchが協力

オーバーウォッチ:エイムアシスト機能の開発に『CoD:BO3』のTreyarchが協力

5月3日から5月10日にPS4とPCにてオープンベータテストを予定している『Overwatch(オーバーウォッチ)』ですが、エイムアシスト機能の開発に『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』の開発元であるTreyarchが関わっていたという開発秘話が公開されました。

先日開催されたゲームの祭典「PAX East」にて、『オーバーウォッチ』の開発元であるBlizzardのアシスタントゲームディレクター、アーロン・ケラー氏は「実は(コントローラーでの)エイムアシストでより良いフィーリングを実現するために、Treyarchの人達と共に仕事をしたんだ。大きな助けになったよ」と語り、スタジオや作品を超えたコラボレーションが行われたことを明らかにしました。

『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』ではADSすると敵に照準が合うエイムアシストと、敵に吸い付くように視線が移動するターゲットアシストの2種類がありますが、マルチプレイでは後者のみが有効となっています。

ある意味ライバルと見ることもできる両スタジオですが、ゲームスタジオ間のコラボレーションはBlizzardにとっては当然のことのようになっているらしく、ケラー氏は続けて「面白い話だけど、我々は他にもたくさんのActivisionのスタジオとコラボレーションしているんだ。例えば『Destiny』のチームは開発中に我々の『World of Warcraft』のチームがコンテンツをどう作っているかを見たがったりとね。我々もTreyarchには何度も足を運んでいて、エンジンの内部やチューニングについての話しをした。逆にTreyarchが我々のところに来たこともあったよ」と語りました。

家庭用のシューターゲームの開発は経験の浅いBlizzardですが、Treyarchやその他のActivisionスタジオとの横の繋がりを増やしていくことで、その溝を埋めながら知識を共有していく動きをしているようです。

こういったスタジオ同士のコラボレーションが進んでいくと、結果的により良いゲームが市場に増えていくのではないでしょうか。

『オーバーウォッチ』の対象機種は国内ではPlayStation 4 / PCで、発売日は2016年5月24日。

overwatch-shop_b

Source: Charlie Intel

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By disqus_V57fhxW3vJ

    Codのアクティビジョン自体が鰤の子会社ですよ
    元々鰤の母会社がアクティビジョンを吸収し、その母会社が株を売って出ていて今ですからね
    今はアクティビジョン・ブリザードって社名で共同経営の形だが、元々鰤の規模が大きいから実質子会社ですね

  2. By ホム

    ブリザードてアクティビジョンの関連会社では、そもそも。

  3. By う

    オーバーウォッチもBO3に何か協力してあげて
    こっちはスペシャリストがたった9人(10人?)しか居ないんだ

    • By なおまん69

      必要にして十分

      • By う

        せっかくスペシャリストという要素があるにも関わらず何の追加も無いの物足りない
        死んだ時に爆発物落とすパークとか、BOやBO2にあったストリークのk9を上手くスペシャリストのスキルとして出して欲しい

      • By ゲスト

        オーバーウォッチみたいにキャラで武器固定とかならまだしもCODはクラス作成の自由度高いのにまだ求めるのか…

      • By ウォッチ

        codはキャラゲーじゃねえんだぞ

コメントする