オーバーウォッチ:今後の方向性と現在の取り組みを詳細解説。新ヒーローや新マップ、新アンロック、新機能など

オーバーウォッチ:今後の方向性と現在の取り組みを詳細解説。新ヒーローや新マップ、新アンロック、新機能など

Blizzardのゲームディレクターであるジェフ・カプラン氏が公式フォーラムにて、『Overwatch(オーバーウォッチ)』の今後の開発における方向性や現在の取り組みを、かなりの長文で詳細に解説しました。6月下旬に追加予定のランクマッチはもちろんのこと、新ヒーローや新マップ、新アンロック、新機能などの情報が明らかとなっています。

氏は2016年の今年から2017年初頭にかけた、コンテンツパッチを含む様々な取り組みが現在行われていると語っています。さらに長期的な計画も存在するとした上で、プレイヤーのニーズやゲームの方向性に対応するため、「身軽な状態」を心がけていると説明。今回かなりの情報量に言及したものの、これ以外にも言い忘れている物やサプライズとして残している物も存在すると発言しています。


通常、開発者側がこういった今後の取り組みの詳細を説明しないのは、計画変更や取りやめとなってしまった場合「約束と違う!」とプレイヤーが激怒するからだと説明。今回はその関係を変えたいという意志を表したものの、今回説明する要素が全て実現するわけではなく、一部は実現しない可能性がある事を理解して欲しいと呼びかけています。

氏はそのことを理解して貰える限りは、今後もさらに多くの情報を公開していくと明言。今回の説明に対する意見や感想を求め、重点を置くべき対象を柔軟に変更する姿勢を見せています。その点を踏まえた上で下記の要約をご覧ください。

ランクマッチ

  • 現在は(6月中にリリース予定の)ランクマッチに重点を置いている
  • パブリックのテスト環境へのランクマッチの導入も検討
  • リリース後も調整には数シーズンが費やされると予想

新ヒーロー

  • 新ヒーローの開発は進行中で、すでにかなり開発が進んでいるものや、着手し始めたものまで様々
  • その他にもプロトタイプのヒーローが複数体いる
  • リリース時期に関しては現時点では言及できない

Overwatch

新マップ

  • いくつかの新マップ開発が進行中
  • その中の1つは充分なプロトタイプとプレイテストを経て、製品のパイプラインに乗っている
  • 現在は美術チームの手に渡っており、マップの外観を良くする作業の傍ら、テストプレイを実施中
  • その他にもプロトタイプとプレイテストのフェーズにあるマップがあり、製品としてリリースされるマップもあるだろうが、完全にゴミ箱行きにのマップも出てくる
  • つい先日も『オーバーウォッチ』にはないデザインを試してみたが、ユニークで素晴らしいアイデアである反面、射線の問題により遠距離攻撃タイプのヒーローが強すぎるという問題が発生した。その問題が解決できれば製品としてリリースされる可能性もある
  • 新マップやヒーローを課金要素にしない点に変更はない

観戦やブロードキャスト機能

  • 観戦やブロードキャストの機能へ大きな改善を加えたい
  • トーナメントなどを主催しているユーザーから良いアイデアをもらっている
  • PotG(プレイ・オブ・ザ・ゲーム)やハイライトなどの改善にも繋がっていく
  • そこに尽力しているわけではなく設計のフェーズだが、重要な要素として捉えている

カスタムゲームとウィークリー・バトル

  • 開発チーム内ではカスタムゲームとバトルがよく話題になる
  • とてもクールな機能だがまだ充分ではないと感じている
  • 開発チームからもコミュニティーからも、とても素晴らしいアイデアが出てきている
  • カスタムゲームでは全体の機能改善を行いながら、より多くのプレイヤーがカスタムゲームをフレンドや他人とプレイできる手段を模索している
  • 例としては、どういったタイプのサーバーブラウザーが『オーバーウォッチ』に最適なのかを研究している
  • かなりの量の仕事となるので今すぐという訳ではないが、想像上ではカスタムゲームをフレンドや他人を含む11人と様々な楽しいルールでプレイでき、さらに経験値も入手できるようになる

overwatch-brawl

プログレッション(進行)システム

  • プログレッションシステムでもやりたいことがあり、より多くのカスタマイゼーションを可能にしたい
  • 現時点でもポーズにランダムのオプションが欲しいという声も聞いている
  • 複数のスプレーやボイスラインを装備するためのクールなアイデアもある
  • プログレッションシステムに追加したいクールな新しいコンテンツ(アンロック)もある
  • 優先度は高くないが長い目で見て取り組んでいきたい

20160330-overwatch-03

ソーシャルシステム

  • 無限にも近いほどの膨大な改善リストがある
  • 大規模な機能の追加というよりは、今後配信するパッチで少しずつリリースを行なう
  • ランクマッチの追加と同時に、ヒーロ選択やラウンド終了時などのマウスで操作が行える時にソーシャル機能の利用が可能になる
  • ゲームは他のプレイヤーとプレイされてこそベストな状態となるので、今後もソーシャル機能には力を入れていく

技術的な試み

  • カスタムゲームの高帯域オプションに多くの労力を割いており、さらなる広がりを見せることが出来るかテスト中
  • マッチメイキングのシステムも継続的に調整が行われている
  • デザイナーが簡単にゲームモードのプロトタイプを作れるようにするため、内部アーキテクチャの改修をしている
  • エキサイティングには聞こえないようなものばかりだが、どれも最終的にプレイの楽しみに繋がっていく

バグ修正

  • 大量のバグ修正候補が存在し、以下のバグは修正が必要
  • 例: コンソールでグループとしてゲームを退出できないバグ
  • 例: フレンドがお勧めされた際に Y/N を押すように促すダイアログが出るが、コントローラーにはそんなボタンが存在しない

Source: Overwatch Forums

  • dふぁg

    Doradoの壁裏ビームタレットみたいなクソグリッチは一刻も早く修正してくれよ
    そんなんバランスとか言ってる場合じゃないだろ

    • ななな

      ほんとそれなw

    • リモコン

      それはPCではもう修正されているので、PS4もにもマクリー等のパッチが来れば修正されるはずです

  • M

    招待のY/Nは混乱したわー
    めっちゃコントローラーいじったわ

  • GIA

    グループで退出はバグだったのか!
    これでチームプレイが捗る!