新型Xbox「Project Scorpio」の最終スペックが正式公開、ほぼ全ての面でPS4 Proを上回る

新型Xbox「Project Scorpio」の最終スペックが正式公開、ほぼ全ての面でPS4 Proを上回る

Microsoftは開発している新型Xbox「Project Scorpio」の性能テストとして、スペック検証で有名なDigital Foundryをラボに招待。Eurogamer上で独占公開しました。「史上最強の本体」というスローガンの通り、ライバルのPlayStation 4 Proを上回る性能となっています。

Project Scorpio、史上最強の本体

Eurogamerで性能が公開されるにあたり、Project ScorpioとXbox One、そしてPS4 Proとの大まかな比較が掲載されています。
Project Scorpio

Project ScorpioはHDDのサイズを除き、表に記載されている以外の面でもライバルであるPlayStation 4 Proを上回るスペックを搭載。Microsoftがパフォーマンスだけでなく、全ての面でコンソールのデザインクオリティを次のレベルに押し上げるという意思を体現しています。

これだけの性能を搭載した理由は主に2つあります。4Kでのゲームプレイ体験と、開発者です。

4Kゲームプレイのパフォーマンスの強化

4Kでのゲームプレイの定義について、ディレクターのKevin Gammill氏は次のように語っています。「4Kとはただ800万ピクセルを画面に表示するだけではないと思っている。800万ピクセルをHDRやより豊かな色調といった4K用のアセットを用いて表示し、1080pと比べて一切のフレームレートの低下がないこと。これが非常に重要だ」

Project Scorpioのエンジン開発にあたり、まず「4K画質でもフレームレートが低下しない」という点に重きを置いた開発チームは、PIX(Performance Inspector for Xbox)というフレームレート検証ツールを用意。このツールを用いて数多くの900p以上のXbox One用タイトルが、どの程度のスペックであれば4Kモードでもフレームレートの維持が容易かと徹底的に調査し、そこから各スペックの設定が始まったと明かしています。

この時に得たデータにより、AMDとのエンジン開発が円滑に進み、最新のデモ用の『Forza Motorsport』がネイティブ4K画質で60fpsを維持出来るようになりました。

『Forza』のデモは物理計算、AI処理などはXbox One用の設定を維持しつつ、車の描写には4Kテクスチャを利用という多大な負荷が掛かる環境でありながら、Project ScorpioはGPUの66.19%しか使用せず、まだまだ余力があることを実証しています。

Project Scorpio

エンジンが強化されたことにより、Project Scorpioは4K/60fps HDRのクリップ保存に対応。Retroactive Screen Captureという機能では、過去のクリップを遡り、フレームを1つずつ確認して、簡単に最高の瞬間を保存可能となっています。

失った開発者達を取り戻す

Project Scorpioの開発目的のもう一つが、「開発者達を再びXbox界隈に呼び戻すこと」であると、Xbox/Windows Gaming PlatformのVPであるMike Ybarra氏が明かしています。

かつて、MicrosoftはXbox 360でPlayStation陣営から多くの開発者を取り込むことに成功しました。しかし、戦いの場が現行機へ移ると、その性能差と開発環境の差から、約2年の間に今度はPlayStation陣営に多くの開発者が移行するという逆転劇が起きてしまいました。

この事態を重く見たYbarra氏は、最高のゲームを作れる最適な開発キットを用意することで開発者達の心を掴み、再びXbox 360時代の蜜月関係を取り戻すべく、Project Scorpio始動に踏み切ったと明かしています。まさに、PS3での反省を活かし、PS4の礎としたSonyと同じ戦略を辿ったわけです。

1080p環境でもXbox Oneより上の体験を

4Kに力を入れているProject Scorpioですが、4K環境がないユーザーへの配慮も忘れていません。PS4 Pro同様に、4K画質をフルHD画質にダウンサンプリングする際に、より高品位なフィルターを通すことで、従来の1080p画質よりも美麗な描写を可能としています。 Microsoftは全てのデベロッパーに、Project Scorpioで動作する全てのタイトルは、Xbox Oneと同等、もしくはそれ以上のフレームレートを維持することを要求しています。

性能よりもタイトルを

性能という面では間違いなく史上最強の本体というスローガン通りの存在となったProject Scorpio。しかし最も重要なのは、プレイヤーを満足させる魅力的なタイトルを提供できるかです。正式な発表があると推測されている今年のE3まで後2ヶ月となったタイミングでスペックを公表し、あえて自分自身からハードルを上げたMicrosoft。果たして、その自信を裏付けるだけの隠し玉があるのか、2ヶ月後のE3を楽しみにしたいと思います。

Project Scorpio Exclusive: Final Specs Revealed!

関連記事: 新型Xbox「Project Scorpio」のお披露目? MicrosoftがE3カンファレンス2017の開催日を発表、ファンイベントも開催決定

Source: Eurogamer, Eurogamer, YouTube

  • 散々待たせて結局・・・

    描画が重いForzaでもGPUに余裕があるって、結局無駄に高性能なの積んで見た目上はPS4 Pro上回ってるって言いたいだけって事か。

  • a

    なお人口

  • Gohh1000

    海外の記事見るとScorpioは最新のPolarisのカスタムっぽいな。
    対してPS4は4年前のHawaiiのデチューン版だろうから、蠍の方が性能上なの確実か。

    >劣化PC
    そもそもPS4も劣化PCだしね。

  • uu

    かーかーくー!

  • ジュナス

    とりあえずは様子見かな。
    欲しいソフトが出ないことにはどうしても買う意味ないから…。

  • 名無し

    ソニー性能<発売時期 はっきりわかんだね

  • qwt

    pcの劣化

  • fg

    性能より先に過疎を何とかしてほしい
    正直PCよりひどい

  • ゴキ君おっすおっす

    PS4ぷろの中途半端スペックはスゲーしてよいしょしてた癖にスコルピオは後発だのゲーミングPCだの言い出してる某信者マジクソだな。ゲハから出てくんなよ。ご自慢のPS4ぷろでも眺めてろ

  • とも

    PS4proとほぼほぼおなじ値段なのかな?だとしたらどっち買うか迷うな、、、