オーバーウォッチ: 「ロックアウト・エリミネーション」に6対6の新モードが登場、狭いマップで12人のヒーローがひしめき合う大混戦モード

オーバーウォッチ: 「ロックアウト・エリミネーション」に6対6の新モードが登場、狭いマップで12人のヒーローがひしめき合う大混戦モード

6月13日に1周年記念イベント「オーバーウォッチ アニバーサリー」が終了した『Overwatch(オーバーウォッチ)』ですが、アリーナマップで12体のヒーローがひしめき合う、6対6バージョンの「ロックアウト・エリミネーション」がアーケードへ登場しました。


オーバーウォッチ: 「ロックアウト・エリミネーション」に6対6の新モードが登場!狭いマップで大混戦必死
「ロックアウト・エリミネーション」はEcopoint Antarctica、Necropolis、Black Forest、Castilloなどのアリーナマップで、リスポーン無しのデスマッチで戦うモード。以前からあった3 vs 3の合計6人のモードに、合計12人がひしめき合う混戦モードが登場したことになります。

ロックアウトとあるように、勝利した際に使用していたヒーローは以降の試合では使用できず、先に3勝したチームが勝利。マップにはヘルスパックが設置されていないので、ヒーラーなどを戦略的に選択しないと後半で苦しくなってしまいます。

大混戦の新モード「6 vs 6 ロックアウト・エリミネーション」

おまけ:一度はやってみたい爽快プレイ

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4、Xbox One(海外のみ)、PC。

overwatch-shop_b