謎多き『デス・ストランディング』を小島監督が解説、赤ん坊や老化の秘密など6つの謎が明らかに

謎多き『デス・ストランディング』を小島監督が解説、赤ん坊や老化の秘密など6つの謎が明らかに

小島監督の最新作『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』の最新トレーラーが先日発表されましたが、一見しただけではゲームの全貌を把握できない謎めいた映像は多くの話題を呼びました。ファンの間で数多くの議論が生まれましたが、監督自らIGNのインタビューにてこの物語のヒントや進捗状況などを明かしました。

『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』TGA 2017ティザートレーラー 4K

水中に漂う場面は”コンテニュー画面”

重力が反転し、巨人が爆発したのちノーマン・リーダス演じるサムが海中を漂うシーンですが、ここは「三途の川」のような場所で、小島監督はコンテニュー画面と説明。ゲーム内でデスするとこの場所に送られます。ここでのサムは死んでも行きてもいない状態で、一人称視点で周囲を探索し、アイテムの収集もできるようです。

DEATH STRANDING デス・ストランディング
水中を漂うサム

『デス・ストランディング』における死の概念は「終わり」を意味しておらず、現実世界に戻る準備が出来次第、自身の肉体を探し出して中に入って転生するようなイメージのようです。また、プレイヤーがデスした後も、その前に起きた出来事に変化はない模様。トレーラー終盤巨人の爆発によって地面にクレーターができていましたが、プレイヤーによっては爆発で地形がクレーターだらけになることもあるそうです。

DEATH STRANDING デス・ストランディング
爆発後にできたクレーター

触れると時が進む”タイムフォール”

トレイラー序盤で植物が急激に成長し枯れたり、地面と車の間に体が挟まって身動きがとれなくなっていた男性の顔が急激に老化したりする原因は”タイムフォール”というモノだと明かされました。”タイムフォール”とは違う世界の雨で、水滴があたると当たった瞬間だけ時間が進み、当たったあとは普通の水に戻るというものです。

DEATH STRANDING デス・ストランディング
”タイムフォール”に当たり成長しては枯れる植物
DEATH STRANDING デス・ストランディング
”タイムフォール”に当たり急激に老化する男性

そのためこの世界の住人は防護服を着ていますが、サムは「特殊」とのこと。小島監督はサムがどう特殊なのかは明らかにしていませんが、そのヒントとしてトレーラーの終盤でサムが涙を流すシーンを指摘しました。サムは悲しくて泣いているのではないとのことです。

DEATH STRANDING デス・ストランディング
サムの頬に涙が

サムの体内から顔を覗かせる謎の赤ん坊

第1弾トレーラーでは浜辺でサムと倒れていた赤ちゃん。第2弾ではギレルモ・デル・トロ監督がモデルのキャラクターが大切そうに赤ちゃんを抱えていました。そして今回のティザートレーラーでは、サムの食道に赤ちゃんが現れました。

この赤ちゃんは同一人物であることが明かされました。赤ちゃんはゲームメカニズムの要素でもあり、テーマでも、ストーリーでも重要になるとのこと。

DEATH STRANDING デス・ストランディング
サムの食道に現れた赤ちゃん
DEATH STRANDING デス・ストランディング
PSX 2016ティザートレーラーで確認できる赤ちゃん
DEATH STRANDING デス・ストランディング
E3 2016ティザートレーラーで確認できる赤ちゃん

サムの服に書かれた「PORTER」が意味するもの

「PORTER」を直訳すると荷物運搬人という意味になりますがファンの間では、サムの苗字説とサムの職業説の2つが噂されています。小島監督はこれに対して「当たっているといえば当たってますけど、外れているところもあります」と答えています。

DEATH STRANDING デス・ストランディング
服に「PORTER」の文字

ティザートレーラーの時系列

今回のティザートレーラーはこれまでのトレーラーの中で、一番早い時系列に位置しています。ティザー用に作った映像ではなく冒頭の方のカットシーンであることも明らかにされました。

このティザートレーラーの後に、サムのお腹に帝王切開のような傷跡がつく出来事が起きるとのことです。

DEATH STRANDING デス・ストランディング
E3 2016ティザートレーラーで確認できるサムのお腹の傷跡

ゲームプレイ映像はいつ公開?

ゲームプレイ映像の公開時期は明らかになりませんでしたが、小島監督は『DEATH STRANDING』の開発について「無茶苦茶早い」と述べており、開発進捗も順調とのこと。プレイ映像公開の時期には言及されなかったものの、今後も小島監督ひいてはKOJIMA PRODUCTIONSの動向に注目が集まります。

関連記事

Source: ign.com

  • あの支離滅裂感は夢に近いものがあるな〜って思った。ドリームキャッチャー背中に付けてるし。

  • tarcom1987

    ignがファミ通の記事を引用した時に軽い炎上が起きたけど、EAAがIGNの記事を使用しても誰も何も言わないことに違和感をかじる。

  • s

    初代Preyみたいなもんかね三途の川コンティニュー

  • リリー

    続報が楽しみ

  • さむ

    意味不明を詰め込んだようなトレイラーだったけど、説明されると確かになるほどとなる。
    気長に待ちたいね

  • 名無し

    やっぱりMr.KOJIMAすげーや