[BO2] 『Black Ops 2』のトロフィーシステムは強化?迎撃可能・不可能まとめ

[BO2] 『Black Ops 2』のトロフィーシステムは強化?迎撃可能・不可能まとめ

前作『Call of Duty: Modern Warfare 3』から『Call of Duty:Black Ops 2(コールオブデューティー ブラックオプス 2)』への再登場で、性能の変化が気になるタクティカル装備“トロフィーシステム”に、様々な過酷なテストを課した動画です。意外な効果が明らかに!

CoD:BO2】トロフィーシステム2025


閲覧できない場合はこちら

CoD:BO2 wikiのトロフィーシステム情報
  • 敵の爆発物、スコアストリーク攻撃を一部迎撃する自動防衛装置。MW3に続いての登場。
  • 近づいてリロードボタン長押しで破壊可能。その場に置かず投擲して設置する。
  • 投擲・設置物ならCombat AxeからTactical Insertion、Trophy Systemまで大抵壊してくれる。
  • 回避の難しいHunter Killerを迎撃してくれるのも大きな利点。
  • 迎撃一回ごとに25ポイントを獲得。二回迎撃後、自爆。

コンバットアックスを迎撃、戦術マーカーやトロフィーシステムも破壊してくれるということで、対通常装備の性能はMW3よりも強化されたと言えます。
ただし、対ストリーク性能で見ると、ヘルストームミサイル(通常)までは迎撃できますが、ヘルストームミサイルを展開したクラスター爆弾やライトニング、それ移行の大型キルストリークは迎撃不能のようで、特定のストリークを迎撃できたMW3より弱体化したと言えそうです。

コメントする