MGSV:TPP:元同僚が赤裸々に語る、「コジマ・コナミ騒動」の裏側

MGSV:TPP:元同僚が赤裸々に語る、「コジマ・コナミ騒動」の裏側

パリにて行われている科学と技術の祭典「Cité des sciences et de l’industrie」にて、コナミで過去にワールドワーワイド・テクニカルディレクターを務めていたジュリアン・マーセロン氏がコナミと小島監督の騒動の裏側を赤裸々に語っています。

騒動の裏側

ジュリアン氏は小島監督の紹介によってコナミで働くことになった人物で、小島監督とも親しい間柄にいた元コナミ職員の1人です。

ジュリアン氏は自身がコナミと小島監督の一連の騒動を現場で体感した1人であると語り、3月にはコナミのマネージメントと小島監督の間で口論があったと説明。それは最終的に皆さんが知ることとなるスタジオ名の変更と、パッケージからの小島監督の名前の削除(詳細記事)、そして監督自身のコントラクターとしての新しい契約に繋がっていきました。

当時、スタッフはサンフランシスコで行われていたGDC(ゲームデベロッパーズ カンファレンス)に参加しており、ジュリアン氏が事の経緯をイベント内で知ったのはこの時。

その後、東京に戻った小島監督は、開発チームに「心配するな。我々はゲームを完成させる。持てる全てをかける。そこから何が起こるかを見てみよう」と語り、チームに不安を与えずに自信をもってゲームを完成させるため、何事もなかったかのように普段どおり働き続けたそうです。

ジュリアン氏は騒動の後も『サイレントヒル』のリバイバルや、その他のフランチャイズの開発で小島監督と働き続けたいという気持ちを持ち続けていました。しかし小島監督が去ることとなったのをきっかけに、ジュリアン氏もコナミを去る決意をしたとのことです。

konami-mgs-fuck
海外で流行したコラ画像
konami fuck
海外で流行したgif

騒動が残した2つの教訓

ジュリアン氏によると『MGSV:TPP』が教訓として残したのは、コナミが行ったこととは正反対の「小島さんを信じなければいけない」という事だと語り、小島監督は自身とチームを信じ、チームも小島監督を信じて行動した結果としてメタスコア90を記録し、発売から数週間で利益を生む作品が産まれたとしています。

そしてもう一つの教訓は、日本での開発でもこのような高いレベルの成功を収められるということ。今回の件は自問自答を繰り返す日本の開発者に翼を与えるものとなり、『MGSV:TPP』はモバイル業界の隆盛の中でも、日本の開発者がモバイル以外のゲームの中でバランスを見つけるのを助ける出来事だったと語りました。

小島監督が関わった人々に残したクリエイター魂は今もなお生き続け、大きな影響を残し続けているのはもちろんのこと、モバイルゲーム最全盛期の日本で悩んでいる開発者達への大きなメッセージにもなっている事が分かるエピソードでした。

小島監督は新たに「コジマプロダクション」を設立し、SCEとの契約を締結。PlayStation 4独占タイトルの供給を発表しています。(後にPCでのリリース予定も発表)今後の彼の活躍に期待しましょう。

関連記事

Source: DualShockers

コメント7
CATEGORY :