『CoD:BO3』のストーリーを解き明かす新ニュース第3弾「ミラノのファッションショー」

『CoD:BO3』のストーリーを解き明かす新ニュース第3弾「ミラノのファッションショー」

Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』の公式サイトにて、先日紹介した「シンガポールで起こった大嵐から2年経過」に引き続き、ストーリーと関連性があると思われるニュース記事が投稿されています。今回はイタリア、ミラノで行われたファッションショーに関するニュースになっています。

ミラノで行われたファッションショー

ヨーロッパ – ファッションデスク

過去に行われた壮大なイベントを振り返ってみると、氷河のようなクリスタルで作られた竹林や、ホログラフで再現されたクレオパトラの墓は記憶に深く残っているだろう。今回、クロアチアの文化を担うナルシス・ドラヴィンスキは秋のファッションシリーズを公開した。

彼の“Elabor8 MZFIT コレクション”は、過度な装飾とデカダンスなディティールの嵐であり、彼のキャリアを決定づける奇跡のモダンといえるだろう。ドラヴィンスキのロボっぽさと、戦前のパンクをミックスしたスタイルは、伝統的な革と装飾用のシフォンを取り入れたとても綺羅びやかなものとなっている。

ファッション界のアイコンであるキングスリー・マイアは、“Elabor8 MZFIT”に関して「新たな発見であり、今日のストリートの若者のスタイルであるユニークな機械っぽさと、戦後の南のデカダンスをブレンドしている。」と語っている。

ドラヴィンスキのコレクションはPiazza de Baggioの入り口で行われ、17名のモデルによるランウェイで豊富なAラインのドレス、金属製の機械式ブレスレット、スパンコールパターンを入れたネオプレンのフープスカートなどを紹介した。

ショーの終盤、ドラヴィンスキはお馴染みの独特な笑みを浮かべ、自信満々にこう語った。「このムーブメントは、アーティストとしてのナルシス・ドラヴィンスキの真実であり、そうあり続けるだろう・・・少なくとも来年のコレクションまではね。」

考察

過去のニュースからは一転、舞台はヨーロッパに。これまでのような世界情勢などの情報はなく、機械とファッションの融合、前時代のテイストと近代を取り入れたスタイルといったキーワードが出現しています。

今回はあくまで『CoD:BO3』の舞台となる2065年前後の時代背景の紹介といった感じではありますが、このニュースに登場した「ナルシス・ドラヴィンスキ」や「キングスリー・マイア」は、本編に登場する可能性があるかもしれません。

『CoD:BO3』の発売日はPS4 / Xbox One / PCが2015年11月6日で、PS3とXbox 360は現時点では未発表。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ゲーマーPMCトム

    BO3発売後…
    [TA]DLCスペシャリストキャラ第1弾ミラノファッションショーセット
    値段500円
    これがもし起きたらこれこそコールオブビューティーw

コメントする