CoD:BO3:公式サイトで何故か「KPOPグループのツアー情報」公開、ストーリーと関連?

CoD:BO3:公式サイトで何故か「KPOPグループのツアー情報」公開、ストーリーと関連?

Treyarchは『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』の公式サイトにて、謎のKPOPグループ「Aegyo Generation」のワールドツアー情報を突如公開、不可思議な文章はコミュニティで物議を醸しています。

韓国POPグループ AEGYO GENERATIONOPENS ツアー開始

  • KPOPグループ「Aegyo Generation」がワールドツアーを韓国・ソウルにて開始し、40万人以上ものファンを集めた。
  • 210以上のショーが行われ、24メートル超のクリスタル製のロボットキリンを含む、ネオンで飾られたロボット動物による動物園も登場
  • 「Aegyo Generation」は今年に入って”Go Getcha Boy”のヒットにより人気を博している。
  • “Go Getcha Boy”は非AIの音楽チャートで首位を14週間キープ、曲のホロビデオは先週で50億回視聴され、ダンスもバーチャルメディアチャンネルで大人気。
  • ツアーは完了に3年以上かかるとされており、その集大成として「家でのコンサート視聴に革命を起こす」4Dのインタラクティブなコンサートムービーをリリース予定。
  • 最初の72都市のチケット販売が、月曜日からウェブサイトで開始される。
  • 地中海周辺の不安定な情勢によりマルタ共和国、キプロス共和国、ケルキラ島でのツアーは延期。

考察

一瞬何事かと思いますが、もちろん「Aegyo Generation」もツアーも全てがフィクションであるのは明白です。「非AIの音楽チャート」や「ロボット動物園」、「ホロビデオ」などの言葉から、『CoD:BO3』の舞台である2065年前後の架空の出来事だと予想できます。

「Aegyo Generation」という名前も日本語に直すと「愛嬌(カワイイ)時代」となり、実在しない安易な名前のグループとなっています。

この大規模なツアーやKPOPグループが、物語にどのような影響を与えるのかは不明ではありますが、記事の最後にある「地中海周辺の不安定な情勢」という部分は本編と何かしらのリンクがありそうです。

判明済みのストーリーによるとプレイヤーの『CoD:BO3』での最初の仕事は、シンガポールのCIAが封鎖されている原因を調査することとされています。

恐らく今後もこういった形での情報公開が少しづつ行われていくと思われるので、続報にご期待ください。

続報:CoD:BO3:ゾンビモード「Shadows of the Evil」のアトラクションがロスのテーマパークに出現

『CoD:BO3』の発売日はPS4 / Xbox One / PCが2015年11月6日で、PS3とXbox 360は現時点では未発表。

Source: CoD:BO3