『CoD:BO3』のストーリーを解き明かす新ニュース第2弾「シンガポール史に残る最悪の天災」

『CoD:BO3』のストーリーを解き明かす新ニュース第2弾「シンガポール史に残る最悪の天災」

Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』の公式サイトにて、昨日の「KPOPグループのツアー
」に引き続き、ストーリーと関連性があると思われるニュース記事が投稿されています。今回はシンガポールで起こった大嵐から2年経過したという記事です。

シンガポールの大災害から2年

甚大なる被害を与えた大嵐「ハリケーン・エリン」の上陸からちょうど2年を迎え、いつもは活気に溢れる通りが今日は静けさに包まれました。多くの命を奪った大惨事は、今日もシンガポール史に残る最悪の天災の1つとして語り継がれています。

この”完璧な嵐”は風津波を引き起こし、平均海面を5m近く上回る津波は海岸沿いの防壁を越え、1.8mもの水の壁として内地を襲いました。

近年増えている大嵐の発生回数は頻発している異常気象と関係があるものと見られており、同時に北極・南極の氷は溶け続け、海面は上昇し続ける傾向にあります。

考察

ニュース記事には昨日のKPOPグループのワールドツアーと同様に、ニュース番組と思われるCURRENT EVENTS AGGREGATEのロゴが確認できます。ニュース記事という形で『CoD:BO3』の時代背景と世界情勢を伝えるのが目的とみて間違いないでしょう。

以前もお伝えしたように、判明済みのストーリーによるとプレイヤーの『CoD:BO3』での最初の仕事は、シンガポールのCIAが封鎖されている原因を調査することとされています。

ここ最近の情報を簡単にまとめると、以下のようになります。続報にご期待ください。

  • 2065年前後の架空の出来事?
  • 世界ツアーを行うKPOPグループ
  • 地中海周辺の不安定な情勢
  • 大きな被害をもたらした大嵐から、2年を経たシンガポール
  • 世界で異常気象が頻発、海面は上昇し続けている

『CoD:BO3』の発売日はPS4 / Xbox One / PCが2015年11月6日で、PS3とXbox 360は現時点では未発表。

Source: CoD:BO3