『Call of Duty:Ghosts』はリーンやヘッドスライディング可能!ダイナミックマップやキャラカスタマイズの搭載も判明

『Call of Duty:Ghosts』はリーンやヘッドスライディング可能!ダイナミックマップやキャラカスタマイズの搭載も判明

Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』の新エンジンの技術的な進化などを紹介するデモ映像から、リーン(覗きこみ)やヘッドスライディングからの射撃、BATTLEFIELDのような障害物の乗り越えアクションが搭載されることが明らかになりました。また、マルチプレイヤーにはトラップとも成り得る多彩な動的マップや、キャラクターのカスタマイズが可能な事も判明しました。

Official Call of Duty: Ghosts Behind the Scenes Preview Video

新アクション1:乗り越え

codゴースト_006

codゴースト_007

codゴースト_008

codゴースト_009

新アクション2:覗きこみ

codゴースト_010

codゴースト_012

codゴースト_013

新アクション3:ヘッドスライディング

codゴースト_014

codゴースト_015

codゴースト_016

codゴースト_017

ダイナミックなマップ

マップはよりダイナミックな変化を見せるようになり、地震やトレーラーにも見られた洪水といったイベントを特色とする。
プレイヤーによって駆動されるマップイベント(爆発物の起爆、ドアなど)がマップのフローを変更させる。
codゴースト_021

codゴースト_022
codゴースト_019

codゴースト_026

キャラクターカスタマイズ

マルチプレイヤーのカスタマイズが各種ギアだけでなく、頭部、胴体、ヘルメットなど、外観のカスタマイズも可能となった。
codゴースト_020

codゴースト_023

codゴースト_024

codゴースト_025

その他の気になるシーン

codゴースト_003

codゴースト_005

codゴースト_004

codゴースト_030

codゴースト_033

codゴースト_032

codゴースト_031

codゴースト_027

codゴースト_028

codゴースト_029

codゴースト_035

codゴースト_09996

codゴースト_09995

codゴースト_09994

武器の詳細画像

新たにSub-dと呼ばれる技術が実装されており、より高精細な銃や手(切り傷や爪の汚れまで確認出来る)のモデルが動的に表示される。
codゴースト_9999

codゴースト_99991

codゴースト_99992

codゴースト_99994

codゴースト_99993

マルチプレイヤー開始時やロード中はこんな感じ?

codゴースト_999

『コールオブデューティー:ゴースト』詳細情報
  • Call of Duty: Ghostsの物語は一先ず現代を舞台に開始され、10年から15年に及ぶ物語が描かれる。Modern Warfareシリーズはアメリカを大国として描いたが、本作のアメリカは多国のある大量破壊兵器によって蹂躙された敗者として描かれる。
  • 本作の主人公達となるGhosts部隊は、世界中の異なる特殊部隊の生き残りによって構成されている。
  • 部隊の一員として軍用犬が登場する。彼はチームを守るだけでなく、鋭い嗅覚で火薬類をかぎ分けることが出来る。
  • 軍用犬のリアルなモデルやモーションを作り上げるため、実際にNavy SEALsで活躍し退役した軍用犬(ジャーマンシェパード)を起用し、彼が負った顔の傷や識別用タトゥーまで正確に再現。フルモーションキャプチャーも行われた。
  • 彼は首に電子的な信号を受信する首輪と、プレイヤーの命令を伝えるイヤーピース、カメラを装備しており、プレイヤーが彼を操作可能であることが示唆された。
  • Mark Rubin氏はModern Warfareシリーズに見られた複数のプレイアブルキャラクターの視点から物語を描く手法を取り入れず、最初から最後まで1人のプレイアブルキャラクターを通じてキャンペーンを描くと説明した。
  • Infinity WardのMark Rubin氏はCall of Duty: Ghostsのゲーム世界を単に戦いが発生する環境ではなく、むしろ1つのキャラクターと考え、都市がエモーショナルな要素を持つ構築を進めていると強調。さらにRubin氏はCall of Duty: Ghostsの舞台として複数の地域が登場するが、一定のエリアに強いスポットを当てていると説明した。
  • 事前情報でお伝えしていた映画“トラフィック”で知られる脚本家Stephen Gaghanが本作のライターを務めることが正式にアナウンスされた。
  • まるで生きているかのように感じられる経験を作り上げるために、新しいAIシステムが実装された。例として海を泳ぐ魚にまでこのAIが実装されているとのこと。
  • リーン(覗きこみ)動作とスライディングが可能となる。
  • Call of Duty: Ghostsはこれまでと同様に60fpsで動作する。
  • 新エンジンはディスプレイスメントマッピングに対応しており、河床の岩に見られる凹凸がよりリアルに表現されていた。
  • Call of Duty: GhostsのDLCには、これまでと同様にXbox One向けの先行配信期間が設けられている。
  • HDRライティングの品質が向上し、太陽が目に眩しい視界から視点を変更させた際には緩やかに明るさが変化する光彩のシミュレーションも行われていた。
  • Call of Duty Championshipの開催が発表されたが、詳細については明らかにされていない。

『Black Ops 2』以上に刻々と状況が変化しそうな、気の抜けないマルチプレイとなりそうです。何より、様々なアクションの追加がマルチプレイヤーに与える影響が楽しみですね。
『Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』の発売日は、2013年11月5日です。

Source:doope!

Playstation 4

コール オブ デューティ ゴースト [字幕版] 【CEROレーティング「Z」予定】 コール オブ デューティ ゴースト [字幕版] 【CEROレーティング「Z」予定】
PlayStation 3スクウェア・エニックス 2013-11-14
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る

コール オブ デューティ ゴースト [字幕版] 【CEROレーティング「Z」予定】 コール オブ デューティ ゴースト [字幕版] 【CEROレーティング「Z」予定】
Xbox 360スクウェア・エニックス 2013-11-14
売り上げランキング : 108

Amazonで詳しく見る

コール オブ デューティ ゴースト [字幕版] コール オブ デューティ ゴースト [字幕版]
Windowsスクウェア・エニックス 2013-11-14
売り上げランキング : 64

Amazonで詳しく見る

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By goz3

    障害物とか壁の端でエイムダウンすると勝手にリーンするとか言ってなかったっけ

    • By goz3

      これ一ヶ月も前の記事なのか
      今気付いたわ

  2. By 名無し

    ああ こういう情報胸が熱くなるのは毎年だが
    今年は格が違うな

    なんたって次世代機種で出るんだし
    PS4版はPS4の性能に合わせたクオリティにしてほしいね
    卑怯な奴減ると良いけど

  3. >Call of Duty: GhostsのDLCには、これまでと同様にXbox One向けの先行配信期間が設けられている。
    おいコラおい(威圧

  4. By L

    因みにCSでリーン出来るゲームはあるが、それは壁に張り付けば左スティックでリーン出来るというもの

  5. By kanji mori

    ますます指つりそうになるな。(笑)

  6. By $ome

    マルチは重かったり、フリーズしたりしなければ最高だな

  7. By ISFOFA

    グラが向上して行くゥ!
    そしてはやく11月になれェ!

  8. By s

    CS版にリーンは無いだろうね。PC版限定かと思われ。

    • By GasRich

      ボタン足りなさそうだもんね

    • By ゲスト

      PCはもう既にあるんだからいちいち書く必要あるかな?
      CSにもリーンくると思うけど…

      ボタン足りないなぁ

    • By ゲスト

      PCはもう既にあるんだからいちいち書く必要あるかな?
      CSにもリーンくると思うけど…

      ボタン足りないなぁ

  9. By sill

    タボールの造形すごくないですか?実写みたい

コメントする