CoD:Ghosts:「次世代エンジン」は新エンジンではなく改良エンジン

CoD:Ghosts:「次世代エンジン」は新エンジンではなく改良エンジン

Call of Duty: Ghosts(コールオブデューティー:ゴースト)』は次世代の全く新しいエンジン、といった感じで語られていましたが、正確には新規開発ではなく、アップグレード版になるようです。

Call of Duty Ghosts video interview – the engine & tech explained by Infinity Ward

Infinity WardのアニメーションリードZech Volker氏は以下のように語っています。

「我々が新たなエンジンとして話しているのは、過去のエンジンからアップグレードさせた重要なシステムについてだ。ゲームを2年間のサイクルにてリリースしていく中、一から新規エンジンを作るには200人のエンジニア部隊が必要であり、Infinity Wardが新規エンジンをつくり上げることは不可能だった。」

ただし一方で今回の“次世代エンジン”では、CoDシリーズの特徴である60FPSを維持しつつ平面テクスチャを立体的にするディスプレイスメントマッピングや、ポリゴン数を増加させることによりエッジをより滑らかに描写する新機能“SubD”などを実現していることが伝えられています。

なおInfinity Wardはid Softwareのid Tech 3 Engineから改造したInfinity Ward Engineを代々『Call of Duty』シリーズの作品にて採用しており、『CoD: Monder Warfare 3』では調整されたIW4.0エンジンが利用されてきました。

インタビュー中にてVolker氏は、使用するエンジンはQuake Engine(恐らく『Quake III Arena』でも使用されたid Tech 3を指しているとおもわれる)をベースにしていると答え、自身が居ない時代から我々は幾つもの新規エンジンを完成させオーバーホールしてきたと語っています。

『BATTLEFIELD』シリーズは毎年のように驚くほど革新するけど、CoDは1999年のQuake 3エンジンだから比較しないで、といった冗談めかしたコメントも見られますが、Call of Duty 4:Modern Warfareの登場から6年。そろそろ驚きを味わいたいものですね。

Source:Game*Spark

コール オブ デューティ ゴースト [字幕版] 【CEROレーティング「Z」予定】 コール オブ デューティ ゴースト [字幕版] 【CEROレーティング「Z」予定】
PlayStation 3スクウェア・エニックス 2013-11-14
売り上げランキング : 16

Amazonで詳しく見る

コール オブ デューティ ゴースト [字幕版] 【CEROレーティング「Z」予定】 コール オブ デューティ ゴースト [字幕版] 【CEROレーティング「Z」予定】
Xbox 360スクウェア・エニックス 2013-11-14
売り上げランキング : 108

Amazonで詳しく見る

コール オブ デューティ ゴースト [字幕版] コール オブ デューティ ゴースト [字幕版]
Windowsスクウェア・エニックス 2013-11-14
売り上げランキング : 64

Amazonで詳しく見る

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By GasRich

    なんということでしょう……
    期待してたのに

コメントする