PUBG: カスタムサーバー利用権がもらえる“PUBG Partnership”募集再開、締め切りは7月7日まで

PUBG: カスタムサーバー利用権がもらえる“PUBG Partnership”募集再開、締め切りは7月7日まで

発売から3ヶ月で400万本の売り上げを達成した『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』が、公式カスタムサーバーの利用権が付与される「PUBG Partnership (PUBG パートナーシップ)」の申請受付が開始。 日本時間の7月7日午前0時が締め切りとなっています。

カスタムサーバーの利用が可能に

「PUBG Partnership (PUBG パートナーシップ)」とは、カスタムサーバーの利用や、公式が宣伝や数々の特典といったサポートを受けられるようになる制度。 『PUBG』発売前にも申請受付窓が設けられていましたが発売後は締め切られ、それ以来今回が初の募集開始となります。

日本では定期的にPUBG大会「DONCUP」を開催している @ShoboSuke氏 もPUBGパートナーの1人です。

応募条件

  • TwitchもしくはMixer(MSの新しい配信サービス)の平均視聴数が150名以上、もしくはYouTubeのチャンネル登録数が50,000以上
  • 週に3回以上配信、もしくはゲーム関連コンテンツを週1回アップロード
  • Twitch、Youtube、Mixerのガイドラインを遵守

「PUBGパートナー」に応募するには有名配信者でないと条件を満たすのは厳しいですが、例外もあるとの事。『PUBG』を愛する方は応募してみる価値があるでしょう。パートナーには以下の5点が求められます。

  • 『PUBG』コミュニティと他プレイヤーへのリスペクト
  • 自身のコミュニティへの奉仕
  • 『PUBG』プレイ/配信中のスポーツマンシップ
  • 公式SNSチャンネルへのコンテンツの無料提供
  • 開発への建設的なフィードバックの提供

申請方法

以下のリンクから申請フォームを開けます。 申請にはGoogleアカウントが必須で、1アカウントに付き一度のみ申請可能です。

応募要項は全て英語での回答が求められていますが、最後の自己紹介欄以外はどれも簡単な英語のみとなっています。

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』の対象機種はPCで、現在Steamで早期アクセス実施中。

Source: playbattlegrounds.com