VR専用『Medal of Honor: Above and Beyond』が2020年発売決定、タイムマシンのように第二次世界大戦の戦場を追体験

VR専用『Medal of Honor: Above and Beyond』が2020年発売決定、タイムマシンのように第二次世界大戦の戦場を追体験

Electronic Arts(エレクトロニック・アーツ)は、『Medal of Honor』シリーズ最新作『Medal of Honor: Above and Beyond(メダル オブ オナー: アバーブアンドビヨンド)』を発表、2020年にバーチャルの世界に没入できるVRシステムOculus Rift VRで発売することを発表、開発映像を公開しました。

『Medal of Honor: Above and Beyond』概要

  • 開発:Respawn Entertainment(!)
  • プラットフォーム:Oculus Rift VR。VR専用ゲームとしてゼロから開発。
  • 舞台は第二次世界大戦:アクション満載、信じられないほどの没入型のVR体験。
  • シングルプレイヤー:フランスのレジスタンス支援、ノルマンディー上陸作戦やコードネームオマハ・ビーチ、そしてナチス基地の破壊といった陸、空、海での歴史的なイベントを追体験。
  • マルチプレイヤー:搭載確定。詳細はまだ未発表。
Medal of Honor: Above and Beyond | Oculus Rift Platform

Respawnは『Medal of Honor: Above and Beyond』を「タイムマシンに最も近い」と表現しています。伝統シリーズのまさかの対象機種ではありますが、戦場のリアルを感じるられる追体験のほかに、VR版『Titanfall(タイタンフォール)』の期待が高まった、と言えるかもしれません。

追記:日本語版のコメント追加

Oculus Rift VR向けの「Medal of Honor: Above and Beyond」で、 戦略諜報局の工作員になりましょう

ほんの少し前、Oculus Connect 6で、Respawn™の次のプロジェクトである「Medal of Honor™: Above and Beyond」が発表されました。この新作ゲームはVR専用として一から開発されており、Oculus Riftプラットフォームでリリースされます。

「Medal of Honor: Above and Beyond」では第二次世界大戦を舞台にしたアクション満載の没入感あふれる素晴らしいVR体験を楽しめます。あなたは戦略諜報局(OSS)の工作員となり、戦火が激しさを増すヨーロッパに向かいます。深みのあるシングルプレイヤー・キャンペーンでは陸海空で史実を体験し、ナチスの基地で妨害工作を行い、敵の計画を未然に阻止し、フレンチ・レジスタンスを助け、様々な活動を行います。Oculus Riftの力により、プレイヤーは1940年代のヨーロッパの世界に入り込み、「Medal of Honor」シリーズをまったく新しい方法で楽しめます。これは現時点でもっともタイムマシンに近いものです。

「Medal of Honor」は常に「普通の人々が逆境に直面して偉大な何かを成し遂げる」ことをテーマとしてきました。その伝統は「Medal of Honor:Above and Beyond」でも新しい、ユニークな方法で引き継がれています。インタビューと360度の映像を通して、戦争体験者たちの力強い物語を直接キャプチャーすることができました。最新のテクノロジーによって、彼らの物語が将来の世代のために記録されます。

再びこのシリーズに戻り、悪と戦うために立ち上がった男女の忘れられない物語を伝えられたことは、私たちにとっても素晴らしい体験となりました。これからさらに詳しくお話しできるようになることを楽しみにしています。

Peter Hirschmann
ディレクター

追記 – まだ機密情報なので詳細は言えませんが、「Medal of Honor:Above and Beyond」はマルチプレイヤーにも対応していますので楽しみにしていてください。

メダル オブ オナー ウォーファイター [ダウンロード]

メダル オブ オナー ウォーファイター [ダウンロード]

2,500円(07/05 09:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source: EA, EA

購読
通知
guest
1 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
9 月 前

また昔みたいに、普通の形態で出してくれ〜
リアル系FPSの中じゃあストーリーの出来は、cod.bf.レインボーより好きなんじゃ〜