第三次大戦FPS『World War 3』別ゲーになるほどの大型アップデート発表! よりリアル化 / カスタマイズ要素追加 / 戦闘中アタッチメント変更など多数の新機能

第三次大戦FPS『World War 3』別ゲーになるほどの大型アップデート発表! よりリアル化 / カスタマイズ要素追加 / 戦闘中アタッチメント変更など多数の新機能

「The Farm 51」による架空の第三次世界大戦を描いたFPS『World War 3(ワールドウォー3)』。現在はPC版がSteamでアーリーアクセス中ですが、7月14日には大型アップデートを発表。リアルさをさらに追求しつつ、操作感をアップさせる新機能の数々が紹介されています。

『World War 3』とは

World War 3(ワールドウォー3)』は、2018年10月にアーリーアクセスとしてリリースされた、架空の第三次世界大戦が舞台のFPSです。開発を手がけるのはポーランドのゲームスタジオ「The Farm 51」で、他の作品としては、日本でもPS4版がリリースされた一人称ミステリーアクション『GET EVEN(ゲットイーブン)』をご存知の方もいるでしょう。

公式ツイッターでは先日から謎のカウントダウンが始まっており、いよいよアーリー抜けかと期待が高まっていました。

WW3 大型アップデート内容

カウントダウンが終了した日本時間7月14日深夜、WW3は公式サイト上で大型アップデートを発表しました。同時公開された動画を通して、現在開発中の膨大な新機能を紹介しています。

マップ・アップデート

World War 3 - Development Update (July 2021) 0-40 screenshot

世界の主要な都市で繰り広げられるWW3の戦闘をより深いものにするため、各都市の雰囲気はそのままに、全マップにアップデートが加えられます。

銃撃・アニメーション

World War 3 - Development Update (July 2021) 1-30 screenshot

さまざまな武器に幅広いカスタマイズ要素があるWW3ですが、この魅力をさらに高めるべく、銃撃体験をよりリアルなものへとアップデートします。武器のリコイルや各種サイトの見え方だけでなく、グレネードなどの装備品を使用する際のアニメーションも、より迫力のあるものになっています。

プレイアブル・リアリズム

World War 3 - Development Update (July 2021) 1-44 screenshot

開発者が「プレイアブル・リアリズム」と呼ぶWW3の迫真性を高め、破壊と爆発の挙動や、それを間近で受けたときのエフェクト描写がさらに自然なものになり、よりスリルのあるゲーム体験が得られます。

バックパック機能

World War 3 - Development Update (July 2021) 2-14 screenshot

新たに「バックパック機能」が搭載され、戦闘のど真ん中にいるときでも銃のアタッチメントを交換できるようになります。長距離で戦うために高倍率サイトに付け替えたり、裏からの奇襲を狙うためにサプレッサーを装着したりと、戦闘中の選択肢が一気に広がります。

移動システム

World War 3 - Development Update (July 2021) 2-48 screenshot

コミュニティから要望の多かった、キャラクターモデルの「移動」がアップデートされました。窓枠を跳び越える。高所によじ登る。さらに腹ばいになったり、仰向けになって銃を構えたりといった挙動が、より直感的に行えるようになります。

ビークル

World War 3 - Development Update (July 2021) 3-6 screenshot

戦車などのビークルの操作感が向上するとともに、ビークルによる破壊やオブジェクトとの衝突などで生じるエフェクトも、さらに細かく描写されるようになります。

カスタマイズ要素

World War 3 - Development Update (July 2021) 3-31 screenshot

現在でも幅広いカスタマイズができることで知られるWW3ですが、大型アップデートではその選択肢がさらに広がります。武器や自身のキャラモデルはもちろん、ガジェットやビークルにも選択肢が拡張され、その組み合わせは無限大と言えるほどです。

UI

World War 3 - Development Update (July 2021) 3-56 screenshot

ユーザーインターフェースがアップデートされ、戦闘中に得られる情報がより分かりやすく整理されます。不要な情報は削除され、見づらかったものは作り直されたことで、一瞬の判断で戦局の変わる戦場でよりスムーズな立ち回りが可能になります。

大規模なアップデートが発表されたWW3。YouTubeのコメント欄でも「まるで別のゲームだ!」、「素晴らしい。アプデが待ちきれない」といった称賛や期待の声が高まっています。

Steamではアーリーアクセス状態が続き、現在も販売停止となっているWW3ですが、大型アップデートからの正式リリースの流れを経て、いよいよ名誉挽回となるのかしれません。

Source: World War 3 Official

コメント

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    小規模スタジオのモッサリゲーだったのが、でかいとこと提携してかなり洗練された感じだな
    ただやはりBFと比較されるのは気になるところ

    翻訳が必要な部分はなかったし日本語化は別にいいや

  2. By 匿名

    だいぶ長い間特に続報なかったからずっと改善策練ってたんやろな
    ただ、BF2042発表や戦闘中にアタッチメント切り替えとか先越されて焦って急いだんじゃね
    正直今の情報だけだとBFがお祭り感しかなくていかにも戦争!ってのが感じられないから、WW3にだいぶ期待してる

  3. By 匿名

    BFとCODのいいとこ取りになる感じなのかな?こないだのBFアナウンスにあった戦闘中の装備カスタム、ビークルリスポン、バギー特攻など似てる部分も多い(これって日本語対応してくれるのかなー)

  4. By 匿名

    あと一ヶ月早ければ…現状BF相手に死にに来てるとしか思えん

    そもそもVの暗黒期に出て注目されたのに、ゴタゴタのうちにcodのGWに掻っ攫われたコンテンツだというのに…

  5. By 匿名

    なんか盛り込みすぎて大丈夫か?

コメントする

*