Bungieが『Destiny 2』を正式発表、シティが炎上するティザー画像公開

Bungieが『Destiny 2』を正式発表、シティが炎上するティザー画像公開

リークが情報が相次いでいた『Destiny 2』ですが、本日Bungieは待ちに待った『Destiny 2』を正式に発表しました。

『Destiny 2』 正式発表

西太平洋時間の3月27日午前10時、TwitterでDestiny公式アカウントが一枚のイメージを投下。はっきりと続編が『Destiny 2』であることことが確認できます。

続いてFacebookの公式ページでも新たなカバーアートに置き換えられました。

Destiny2
Destiny 2

シティ炎上

カバーアートの下部をよく見ると、『Destiny』のタワーからも一望できる“人類最後の街「シティ」”が炎上しています。シティが襲撃を受けていることは推測できますが、実は以前「タワーが襲撃される」というリークがありました。

関連記事: 噂:『Destiny』か『Destiny 2』で人類の拠点“タワー”をカバルが襲撃? リーク情報が一時的に掲載

ついにカバルの地球への侵攻を許してしまったのでしょうか。『Destiny』で遭遇するカバルは全てベックスやフォールンと戦っていたカバル本国の一部隊という設定であり、「降り立ちし邪神」のストーリーでは壊滅状態に陥ったカバルが本国に救援を求めていました。

没コンセプトアートのイメージと共通

『Destiny 2(デスティニー 2)』

以前『Destiny 2』の没コンセプトアートが公開されましたが、今回のカバーアートとお互い「炎に包まれている」という点が共通しています。どうやらコミュニティが考えていたよりも、このコンセプトアートは『Destiny 2』の本質に迫るものだったようです。

関連記事: 噂:『Destiny 2(デスティニー 2)』のイメージが複数リーク、槍や盾が登場か

Bungieは「装備などの引き継ぎはない」と発表していましたが、シティが襲撃されるということは、タワーも襲撃されて保管庫が壊滅したせいで『Destiny 1』から引き継ぎはできないという設定になるのかもしれません。3年掛けて集めた装備が一瞬で灰燼と化すのは恐怖ですが、なにより「勝利の時代」という華やかな名前のコンテンツ配信まで24時間となった瞬間に、守るべきシティが炎上しているというショッキングな画像を投下したBungieも恐ろしい。

現時点ではカバーアート以外の情報は公開されていませんが、無事タイトルも確定。今後リリースに向けて続々と公開されるであろう続報は、入り次第すぐにお伝えしていきます。

Source: Facebook, Twitter, Twitter

  • gg

    HALO2を何回も発売延期して1年半ほどファンを散々いらつかせて出したあとの得点映像で、「私たちは仕事が終わった後、ビーチで遊びます」って説明とともに定時に終わった社員どもが喜びの表情で水着で社内を全速力で走りながら大はしゃぎしてたの俺は忘れんからな

  • ぐずたん

    何かと炎上する事です有名なbungie
    さぁ2はどうなるやら

  • DOGE PC勢

    クリプトアーキ「ああああああああ!!!!(焼死)」
    カバル「やったぜ。」
    それはともかくPS4買い戻してまたDestiny買おうかなあ

  • ケイド6

    もう待ちきれないよ!早く(続報)出してくれ!