PUBG: 現在“リプレイ機能”を開発中、PS4とXbox One版は9月下旬以降にリリース

PUBG: 現在“リプレイ機能”を開発中、PS4とXbox One版は9月下旬以降にリリース

日本時間6月1日の午後5時にリリースされる最新アップデートのパッチノートが公開された『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG / プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』。開発者とのインタビューから、現在「リプレイ機能」を開発中であることや、コンソール版のリリースに関しての最新情報が明らかになりました。

リプレイ機能開発中

開発中のリプレイ機能にはフリーカメラやプレイヤー視点の切り替えができる3Dモードと、マップ上でプレイヤーの動きを追える2Dモードが存在します。公式サイトによるとリリースは早期アクセス中になる予定。

本作のクリエイティブ・ディレクターである”PlayerUnknown”ことブレンダン・グリーン氏によると、3Dのリプレイシステムを開発しているのは最近プロジェクトに参画したチームで、本編のコンテンツ開発には影響がないとのこと。

3Dでのリプレイは自らのプレイを振り返るのはもちろんですが、YouTuberなどがコンテンツを作るのにも役立つことから、ブレンダン氏も長期的な視点でゲームを盛り上げる機能になると語っています。

一方で2Dでのリプレイは各プレイヤーの動きを一望できることから、プレイヤーがセーフゾーンの変化にどうやって対応するかを参考にしたり、勝者の動きを俯瞰的に追うことで今後のプレイに役立てることもできます。

コンソール版はPC版の正式リリース後

ブレンダン氏によるとコンソール版の開発は順調に進んでいるものの、リリースはPC版の早期アクセス状態が終わり、正式リリースとなった後になるとのこと。

Steamでは「6カ月以内に早期アクセスを終わらせる計画」とされているので、今年の9月下旬以降となる見込み。すでにPlaysStation 4とXbox Oneに対応することが判明し、Xbox Oneでは早期アクセスプログラムが示唆されています。

リリース版までには開発中の新マップである「孤島」と「砂漠」はもちろん、様々な変更や機能が盛り込まれるものと見られていますが、その中でもSteamにて明言されているのはMod Kitの存在。

ブレンダン氏はMod Kitに関して「1年目の盛り上がりだけで終わることのないゲームを作る助けになる」とコメント。現在のカスタムゲームと同様に、公式のモードだけではなく様々なモードを楽しめるプラットフォームを提供したいと力説しています。

急成長を続ける本作ですが、早期アクセス開始以降も頻繁にアップデートが行われており、年内だけでもめまぐるしくブラッシュアップされることが予想されます。

『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』の対象機種はPCで、現在Steamで早期アクセス実施中。

Source: PvP Live

  • AVIS

    なんでホモが湧いてるんですかね・・・

  • semen

    加点されすぎている -810点

  • なおまん

    EAに甘えない姿勢 +191919191919419点