2017年国内家庭用ゲーム市場規模、11年ぶりに前年比増

2017年国内家庭用ゲーム市場規模、11年ぶりに前年比増

ゲーム総合情報メディア「ファミ通」が、2017年*の国内家庭用ゲーム市場について速報をまとめ、ハード・ソフト市場規模が11年ぶりに前年比増となったことを明かしました。

*集計期間:2016年12月26日~2017年12月31日

年間ソフト販売本数 TOP10(抜粋) 単位:本

順位 ハード タイトル 推定年間
販売本数
1 3DS ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン 2,003,607
2 Switch スプラトゥーン2 1,752,096
3 3DS ドラゴンクエストⅩⅠ 過ぎ去りし時を求めて 1,744,603
4 3DS モンスターハンターダブルクロス 1,684,991
5 PS4 ドラゴンクエストⅩⅠ 過ぎ去りし時を求めて 1,336,180
6 Switch スーパーマリオ オデッセイ 1,324,280
7 Switch マリオカート8 デラックス 1,103,744
8 Switch ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド 688,044
9 3DS ポケットモンスター サン・ムーン 576,506
10 3DS スーパーマリオメーカー for ニンテンドー3DS 423,073

「もっとFPSが盛り上がってほしいと」いう我々の望む結果とは少し違いますが、ゲーム業界の盛り上がりは嬉しいですし、『CoD:WWII』の大ヒットもあるので2017年は非常に良い年だったのではないでしょうか。

国内年間ソフト売上トップは『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』

年間の売上数トップは200.4万本のセールスを記録した『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』となりました。『ドラゴンクエストⅩⅠ 過ぎ去りし時を求めて』については、2機種合計すると308.1 万本と、タイトル別合算では2017年で最多の売り上げとなります。また、同タイトルのPS4版はプレイステーション4タイトルにおける歴代最高のヒットとなりました。2017年に売上が100万本に達したのは7タイトル。これは2010年以来7年ぶりの記録です。

国内ハード売上トップはNintendo Swith

ゲーム市場規模はハード・ソフト合計で3917.5億円で昨年対比130.8%。前年からプラスに転じるのは2006年以来11年ぶりであるとのことです。年間のハード売上台数トップはNintendo Switchで340.7万台を記録しています。『スプラトゥーン2』を筆頭に3タイトルがミリオンヒットとなり、2018年も引き続き市場を牽引するものと見られています。PS4の国内売上台数は2位となりましたが、シリーズ待望の最新作『モンスターハンター:ワールド』の発売が控えており市場の注目を集めています。

関連記事

Source: famitsu.com

  • K san

    ポケモンに至ってはメインロムとサブロムの計2本買う人がいるし、人によっては3本目も買う人がいるからそうなるだろうね
    ストーリーは割と知っているアローラだから超微妙だったけど

  • 金玉乱太郎

    やったぜ💪( ‘-‘ 💪)