【まとめ】CoD:BO3:日本語・PS4版ベータテストまとめ。7種のモード、8種のキャラクター、誰でも参加可能など

【まとめ】CoD:BO3:日本語・PS4版ベータテストまとめ。7種のモード、8種のキャラクター、誰でも参加可能など

追記:CoD:BO3:最新アップデート配信。新モード「セーフガード」追加、レベルキャップが40まで開放
追記:ベータ版『CoD:BO3』:モード「Uplink」とマップ「Stronghold」を追加、レベルキャップを34まで開放
追記:国内向け『CoD:BO3』ベータ版、PlayStation Storeで配信開始(PS4)

気付いたファンも多いでしょうが、本日ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)が発表した日本語 / PS4版『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』向けベータテストの内容によると、海外版の参加条件である「予約購入」は必要ないようです。

国内でも無事にリリースが発表されたので、これまでに明らかになっているベータテストの詳細をすべてまとめてみました。

国内向けPS4版『コール オブ デューティ ブラックオプスIII ベータ版』

BO3ベータ

  • 配信期間2015年8月19日(水) 〜 2015年8月23日(日)まで。
  • 配信方法期間中にPlayStation®Storeからダウンロード
  • 対応機種:PlayStation 4
  • サイズ:ベータ版のファイルサイズは15GB(関連記事)。
  • インターネット接続環境と、Sony Entertainment Networkのマスターアカウントが必要。
  • 製品版はCEROレーティング「Z(18歳以上のみ対象)」で審査予定で、18歳以上であることを認証する方法としてクレジットカード決済を行う。
  • 購入価格は10円(税込)で、ウォレットの残高にかかわらずクレジットカードから決済され、後日購入したアカウントのウォレットに同額を返金。
  • ベータ版はPlayStation®Plusに未加入でも利用可能
  • ベータで獲得した武器やステータスなどは製品版には引き継げない。

PlayStation Plusへの加入や事前購入といった縛りはなく、18歳以上のPlayStation 4ユーザーなら誰でも参加できるようです。だたし年齢認証代わりにクレジットカードの登録が必要になります。

ベータテスト詳細

以下は海外版でのベータテスト内容ですが、おそらく国内版でも同じ内容になると予想されます。

ベータの期間はPS4では8月19日から23日、XboxOneとPCでは8月26日から30日。今回のベータでアクセスできるのは3つのマップと7つのゲームモード、8つのスペシャリスト、そしてペイントショップ

マップ 3種

Hunted: エチオピアの巨大なハンティング用ロッジが舞台。緑豊かな山岳地で付近には滝が存在する。ゴツゴツとした直線的な地形と隠密性のある水中の経路を特色とする。
bo3 hunted

Combine: エジプトのサハラ砂漠が舞台。垂直農法の施設とサステナビリティ研究施設では、タイトな屋内戦と開けた中央部、危険な側面からの経路で、高速かつ熱狂的なプレイが可能。
bo3 combine

Evac: シンガポール中央の、洪水からの緊急避難ゾーンが舞台。ビルの屋上に位置する。
bo3 evac

ゲームモード 7種

  • チームデスマッチ
  • ドミネーション
  • デモリッション
  • キルコンファームド
  • ハードポイント
  • キャプチャー・ザ・フラッグ
  • サーチ・アンド・デストロイ

スペシャリストキャラクター 8種

  • Ruin(初日から使用可)
  • Outrider(初日から使用可)
  • Prophet(初日から使用可)
  • Battery(初日から使用可)
  • Seraph(レベル22でアンロック)
  • Nomad(レベル28でアンロック)
  • Reaper(開始から数日使用不可)
  • Spectre(開始から数日使用不可)

ベータテストトレイラー

Official Call of Duty®: Black Ops III – Multiplayer Beta Trailer

チュートリアルトレイラー

Official Call of Duty®: Black Ops III – Combat Movement Tutorial

武器カスタム要素「ペイントショップ」

『CoD:BO3』の発売日はPS4 / Xbox One / PCが2015年11月6日で、PS3とXbox 360は現時点では未発表。