フォートナイト バトルロイヤル:3日連続に及んだメンテナンスを説明、新モード追加準備のためのサーバー変更

フォートナイト バトルロイヤル:3日連続に及んだメンテナンスを説明、新モード追加準備のためのサーバー変更

アップデート4.3が配信されショッピングカートが追加された『Fortnite Battle Royale(フォートナイト バトルロイヤル)』ですが、先日3日連続でメンテナンスが行われた件に関して、Epic Gamesがお詫びとその理由を説明しています。

セッション追跡サービスに関するメンテナンス

2月に言及したように、アカウントやマッチメイキングシステムの多くで使用している、バックエンドのMongoDBデータベースをスケールさせるのは難しい課題でした。数多くの進歩を遂げており、データベースは今までで最も良い状態になっていましたが、継続的な成長と新しいタイプの期間限定モードを処理するには十分ではないと知っていました。

たとえば、「遊び場v1」には1ゲームあたり最大4人のプレイヤーが参加します。つまりこれは、「バトルロイヤル」のようなインスタンス当たり最大​​100人のプレイヤーをサポートするモードよりも、多くのゲームインスタンスとマッチメイキングセッションをサポートする必要があることを意味します。ここ数日間、マッチメイキングのセッションを管理するための新しい、水平拡張が可能なセッション追跡サービスを展開する準備をしていました。ここ数週間にわたる広範囲に及ぶテストにもかかわらず、製品版に投入しようとしたときにいくつかの問題に遭遇しました。第一に、人々がティルテッド・タワーに落下するのを待つだけの、何千もの空っぽのゲームサーバーのケースが発生し、そのケースのシステムの処理の仕方に問題が発見されました。これにより、クエリに対して予想以上に多くのデータが返されました。

この問題を解決して朝にもう一度展開しようとしました。パフォーマンスは問題ないように見えましたが、専用サーバーのオートスケーリングシステムとセッショントラッカーの交信に問題があったため、以前のシステムに戻す必要がありました。

メンテナンス中、とても辛抱強く待っていただけるコミュニティに本当に感謝しています。メンテナンスがなくプレイできることは当然であり、本当にすべてのサポートに感謝しています。まもなく実装される「遊び場」でプレイヤーたちの創造性が私達驚かせてくれることを楽しみにしています。」

ざっくり言えば、内容は以下のようになります。

  • 期間限定モード「遊び場」は最大4人のモードで、より多くのマッチをサポートする必要がある
  • 新しいセッション追跡サービスを展開しようとしていたが、これに問題が起きたため以前の状態に戻した
  • サービス展開が完了次第「遊び場」も追加される予定

ライトマシンガン・ミニガンのキルチャレンジが進行しないバグもあったためいら立ちを隠せない人もいるかもしれませんが、現在はサーバーの復旧が行われています。もしかしたら前回のように詫びアイテムも貰えるかもしれません。

日本語版『フォートナイト バトルロイヤル』の配信日は3月8日で、対象機種はPS4 / Xbox One / PC / Mac / iOS / Android。

Source: reddit