CoDモバイル:新作モバイルゲーム『Call of Duty: Global Operations』のAndroid版が一部地域で配信開始

CoDモバイル:新作モバイルゲーム『Call of Duty: Global Operations』のAndroid版が一部地域で配信開始

Activisionと中国のElexはCoDのスピンオフ作品となるモバイルゲーム『Call of Duty: Global Operations(コール・オブ・デューティ: グローバルオペレーションズ)/CoD:GO』の配信を開始。現在はAndroid版のみで、オーストラリアとフィリピンでの配信が行なわれています。

CoDモバイル『Call of Duty: Global Operations』

Elexは中国の大手メディアパブリッシング企業であるChinese Universe Publishing and Mediaを親会社に持つスタジオで、代表作には世界中で人気を博している『Clash of Kings』『Age of Warring Empire』『Magic Rush』などを有しています。

ゲームプレイとストーリー

Call of Duty: Global Operations Android Gameplay

世界の秩序に対して新たな脅威が発見される。それは非常に毒性が高く、兵器としての利用も可能な物質「Nuclium NM(72)」。限られたNucliumを巡って政府や民間企業は争いを繰り広げ、世界は混乱状態に陥りはじめている。争いの中心にいるのはGLOBUS、Nucliumを兵器として使用することで世界を集中におさめようと躍起になっている悪徳企業である。

彼らを止められるのは君しかいない。自分の基地を築いてクラシックな『CoD』のキャラクターに率いられた軍を構築。マルチプレイバトルを通して君だけのユニークな戦略で世界中のプレイヤーに勝利しよう。

基地建設、探索、陣取り合戦、キャンペーンなどから構成されている本作ですが、基本のゲームプレイシステムはコマンダーと呼ばれるキャラクターによって軍を編成し戦闘を行うというシンプルなものになっています。

各施設のアップグレードはもちろんですが、コマンダーのアップグレードも可能。コマンダーはガチャで入手が可能となっており、エピックなどのレアリティも確認できます。

現在のところActivisionからはオーストラリアとフィリピン以外でのリリースに関する情報は発表されていません。モバイル領域の投資を強めることを明らかにしているActivisionですが、日本でのパブリッシングを含め注目が集まります。

Source: Charlie Intel