Google謹製クラウドゲームサービス「Stadia」、価格やラインナップなどの詳細を6月7日発表

Google謹製クラウドゲームサービス「Stadia」、価格やラインナップなどの詳細を6月7日発表

西太平洋時間の来週6月11日から13日まで開催される北米最大のゲーム展覧会「E3」が迫ってきましたが、各社がE3前に新しい情報を公開するなか、Googleもクラウドゲームサービス「Stadia」の詳細を発表すると告知しています。

「Stadia」の特徴

GoogleがGoogle謹製クラウドゲームサービス「Stadia」クラウドゲームサービス「Stadia」の価格やラインナップを6月7日に発表
今年3月にGoogleが発表した「Stadia」はコンソール機やゲーミングPCがなくてもストリーミングでAAAゲームをプレイできるようになる新世代のクラウドゲームサービスです。

  • ノートパソコン、デスクトップパソコン、対応スマートフォンやタブレットなど複数のデバイス間でシームレスにプレイを再開可能
  • YouTubeで対応したタイトルのゲームプレイを視聴したところからゲームを開始可能
  • 4K/HDRで60fpsに対応
  • ゲームのアップデートが不要
  • Stadiaのクラウドは常に改善されていく

3月の発表時点ではラインナップに挙げられていたタイトルはユービーアイソフトの『アサシン クリード オデッセイ』とベセスダ・ソフトワークスの『Doom Eternal』のみ(開発中のタイトルは他にもあり)でしたが、新たに追加されるタイトルはどのようなものがあるでしょうか。

「Stadia」の詳細発表へ

そんなStadiaの新情報が日本時間6月7日午前1時にGoogleの特設サイトで生配信されます。サイトのURLと発表される内容は以下の通りです。

Stadia Connect 6.6.2019 Official Teaser

Googleは今後もStadiaの続報について「Stadia Connect」というタイトルの番組を通して伝えるようです。 任天堂、SIEが採用した情報提供のスタイルを追従するあたり、ゲーム業界に真剣に食い込もうというGoogleの意気込みが伺えます。

なお、現時点ではStadiaは2019年中にアメリカとカナダでのみローンチと発表されており、日本でのサービス開始時期は不明となっています。

Source: Stadia

コメントする