CoD:MW:新リーグに出場する全12チーム決定、Misfits/NRG/Rogueが新たに参戦

CoD:MW:新リーグに出場する全12チーム決定、Misfits/NRG/Rogueが新たに参戦

キャンペーントレーラーが公開され発売日が迫る『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア CoD:MW)』ですが、来シーズンのeスポーツリーグには12チームが参加することが判明しました。ワシントンポストが伝えています。これで2020年シーズンの全フランチャイズチームが決定しました。

新Call of Dutyリーグ:全12チーム

来シーズンから始まる『コール オブ デューティ』のフランチャイズリーグでは、各都市に拠点を置いたチームがホーム&アウェイ形式で試合を行う「オーバーウォッチリーグ(OWL)」形式を採用。カッコ内はフランチャイズ権を獲得した企業で、保有するeスポーツチームも並べています。

  • ニューヨーク(Sterling VC)
  • トロント(Overactive Media / Splyce)
  • パリ(c0ntact Gaming)
  • ダラス(Team Envy)
  • アトランタ(Atlanta Esports Ventures)
  • ロサンゼルス(Immortals / OpTic Gaming)
  • ロサンゼルス(Kroenke Sports & Entertainment)
  • フロリダ(Misfits)
  • ミネソタ(WISE Ventures)
  • ロンドン(ReKTGlobal / Rogue)
  • シアトル(Aquilini GroupおよびEnthusiast Gaming / Luminosity)
  • シカゴ(NRG Esports)

12チーム方式はOWLのシステムを参考にしており、OWLも12のチームで始まっています。潜在的な拡大の前兆となる事実です。OWLは第2シーズンで12チームから20チームに成長しましたが、Call of Dutyリーグではまずは12フランチャイズから始めることになります。

全12のチームのうち10チームが参戦している「オーバーウォッチリーグ」にWISE VenturesとReKTGlobalは参加しておらず、今回がフランチャイズ初参戦。WISE VenturesはNFL ミネソタ・バイキングスのオーナー、ジギー・ウィルフ氏が設立したeスポーツ企業で、早速3選手の獲得を発表し、選手をサポートするeスポーツ施設も造っています。

2チームの代表が交代

OpTic GamingのCEOを長年務めてきた“H3CZ”ことヘクター・ロドリゲス氏がNRG Esportsへ加入。彼は今後アンディ・ミラー氏とともにNRGの共同CEOとして活動します。

From the bottom of my Heart

代表を失ったOpTic Gamingでしたが、その後エリック “Muddawg” サンダース氏のゼネラルマネージャー就任を発表。彼は選手を引退した後Activisionにて管理コーディネーターとして働き、昨年は100 Thievesのチームヘッドを務めました。

A message to the Greenwall | GM Announcement

両チームともフランチャイズリーグに参戦するチームでライバル関係に立つことは必至。まだシーズンの概要も公式な発表はされていませんが、早くも目が離せない状態になっています。

『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

コメントする

*