レインボーシックス シージ:夏期世界大会”SIX MEXICO MAJOR”DAY2結果、日本CAGプレイオフ王手/韓国DWGは世界チャンピオンNiP下す

レインボーシックス シージ:夏期世界大会”SIX MEXICO MAJOR”DAY2結果、日本CAGプレイオフ王手/韓国DWGは世界チャンピオンNiP下す

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』のeスポーツ競技シーンでは、日本時間8月17日より夏の世界大会に相当する「Six Mexico Major」が開催中。今回はそのグループステージDAY2の結果をお届けします。

SIX MEXICO MAJORが開催中

日程_日本語グループステージ
参加チームとグループ分け

シージeスポーツ競技シーンでは夏のリーグ戦に相当するステージ2が既に終了しており、日本時間8月17日からは、このステージ2で高い成績を収めた世界の16チームがメキシコに集結、夏の世界大会「Six Mexico Major」でステージ2チャンピオンの座をめぐって激突します。

日本からは、ステージ2で無敗、国内リーグRJLでも無敗優勝を達成するなど絶好調のCYCLOPS athlete gamingが出場中。グループ分けでは、ブラジルのTeam oNe、アメリカのSoniqs、そしてフランスのBDSと同組となっています。

なお本大会は開催前に、オーストラリアチームKnightsが新型コロナウイルス感染症に伴う同国政府の出国制限措置により、メキシコへの渡航がかなわず出場辞退となっています。これにより、Majorは15チームによる開催となり、Knightsには13位~16位に相当するグローバルポイントが保証されます。

トーナメントの仕組み
大会の仕組み

DAY2の結果

CAGはプレイオフに王手

DAY1で1勝1敗と堅実なスタートを切った日本チームCAGは、まずブラジルの強豪oNeと「オレゴン」での対決となりました。

この試合でもCAGは、世界の他の地域が基準としている戦い方や考え方に捕らわれない、持ち前の柔軟性でファンを魅了します。Gatorada選手はCaveira(カヴェイラ)で尋問を決めるなどしてoNeを翻弄し、悠々と5-1で折り返しを迎えると、攻撃に回ってからはやGlaz(グラズ)を使った独自の作戦をメジャーの舞台でも見せ、7-2で堂々の勝利。世界におけるその存在感をさらに高めました。

2戦目の相手はDAY1で勝利したSoniqs。マップは昨日と同じ「山荘」で、一日を挟んで両チームどれだけお互いを理解したかが競われる再戦となりました。攻撃から入ったCAGは、Anitun選手がMontagne(モンターニュ)で敵を動かし、Blackray選手のロックで敵の数を着実に減らすなどしてSoniqsの力を削ぎ落とし、前半を4-2とリードして折り返します。

防衛に回ってからも、準備があったと思しき地下では失敗したものの、Soniqsに最後まで逆転のきっかけを与えず7-4で勝利。これでCAGはDAY2で2戦2勝と、APAC North序列1位チームとしての実力を存分に見せつける結果となりました。

CAGに敗れたSoniqsはこれでグループステージでの敗退が確定しました。CAGはグループA突破を賭け、明日のDAY3でBDSとoNeとの再戦に挑みます。

韓国DWGは世界チャンピオンNiPに2連勝

APACの他のチームに目を向けると、DAY1でG2を倒した韓国チームDWGは、DAY2ではDarkZeroに4-7で敗戦した後、現在の世界チャンピオンチームであるブラジルのNiPと2連戦をしなければならないという、大きな困難に直面しました。

この2試合はともに「クラブハウス」を舞台に行われました。経験とスキルに優れたNiPは一瞬の隙をついてオープニングキルを奪う場面が多く、DWGは対処を強いられ続ける展開かに見えました。しかしDWGのフラッガーのyass選手はチャンピオンチーム相手にも撃ち負けず、危ういラウンドも紙一重で乗り越え続けます。そんな粘り強さがスコアに反映され、1試合目はオーバータイム8-7でDWGが勝利。世界チャンピオン相手に歴史的な一勝を獲得しました。

興奮も冷めやらぬまま始まった第2試合では、DWGはさらに鋭さを増したNiPのピークに苦しめられ、1-5と大幅にリードを許して攻防を交代します。しかしここでもyass選手が大活躍し、マッチポイントを取られた状態から、DWGは防衛ラウンドを連取して凌ぎきることに成功。6-6と再びオーバータイムに突入します。

結成後間もないAPACチーム相手に、ブラジルのチャンピオンが2試合連続のオーバータイムを強いられるという展開には全世界の注目が集まりました。最後は期待通り、DWGが防衛・攻撃ともに通しきって8-6で勝利。世界チャンピオン相手に2戦2勝を果たしたDWGは、韓国シージ界はもちろん、APAC地域全体にとって誇りある記録を打ち立てました。

第3のAPACチームであるシンガポールのIGはこの日、ブラジルの名門Liquidに敗れグループ1勝2敗となりましたが、今大会でまだ勝利がない北米TSMとの決戦を制して2勝2敗。DAY3ではロシアのEmpireとグループステージ突破を賭けて激突します。一方TSMはグループステージ敗退が確定し、北米勢は4チーム中早くも2チームを失う衝撃の展開となっています。

3チームで競っているグループBは、DAY2の時点で既にイギリス・ウクライナチームNa’Viの脱落が決定し、昨年のインビテーショナルチャンピオンSSGと、ブラジルにおけるステージ2序列4位のチームFURIAがそれぞれ突破を決めています。DWGの入ったグループCは引き続き大混戦。グループDでは、Liquidが開幕無敗4連勝を成し遂げ、死の組と呼ばれたこのグループを早々に抜け出す完成度の高さを見せています。

配信情報

日程_日本語キャスティング
日本語配信スケジュール(すべて日本時間)

「Six Mexico Major」の配信は以下のサイトから、日本人キャスターによる実況・解説つきで行われます。なお英語ではA配信B配信に分かれており、日本語で配信される試合はグループステージ全日程の約半分となります。

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    相変わらずNAの中堅層はAPACに弱いな

LEAVE A REPLY TO 匿名 CANCEL REPLY

*