国内初週売上、『BF1』が『CoD:IW』をわずかに上回る(PS4)

国内初週売上、『BF1』が『CoD:IW』をわずかに上回る(PS4)

例年まれに見るFPS豊作の年となった2016年ですが、株式会社メディアクリエイトやファミ通が最新のコンシューマ週間売上ランキングを発表。『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』が『Call of Duty: Infinite Warfare(コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア)』をわずかに上回る結果となっています。

いずれも機種はPS4で、ダウンロード版は含まれていません。数字はメディアクリエイトより。

コンシューマ週間売上ランキング

  • バトルフィールド 1: 113,081本(2016年10月17日~10月23日)
  • コールオブデューティ: インフィニット・ウォーフェア(限定版含む): 105,764本(2016年10月31日~11月6日)
  • タイタンフォール 2: 13,614本(2016年10月17日~10月23日)

統計には現れない半数弱(?)のユーザーがダウンロード版に移行しているとの話もありますが、『タイタンフォール 2』はリリース時期の問題なのか非常に高い評価の割に寂しい数字。

ちなみに『CoD:AW』の初週売上は計14.7万本で、『CoD:BO3』が計16.4万。PS4版『オーバーウォッチ』が5.4万本となっています。

Source: m-create.com

  • Frederica

    PS4版のiwだけど
    意外と楽しくないか??