CoD:WW2(仮): 新作CoDのスタジオが建設工事中、過去最高の300人以上を収容する規模に

CoD:WW2(仮): 新作CoDのスタジオが建設工事中、過去最高の300人以上を収容する規模に

公式発表の待たれるCoD最新作(『Call of Duty:WWII(コール オブ デューティ ワールドウォー 2)』)ですが、開発元のSledgehammer Gamesは300人以上の職員が働く予定のスタジオの建設風景を公開しています。過去最大規模のスタジオはメンバーを鼓舞する最高の環境を構築。遊び心の垣間見れるスタジオです。

Studio Expansion Blog

新作CoDのスタジオが建設工事中、過去最高の規模に

サンフランシスコにあるスタジオの拡張工事の様子が公開されているのは、今まで4度にわたって更新された“Studio Expansion Blog”。2009年に設立されたSledgehammer Gamesは『CoD:MW3』及び『CoD:AW』の開発に携わってきました。開発チームも100人、200人と増加し、最新作に向けては300人以上の動員を予定しています。

上からみても独創性の溢れるレイアウト

エリア面積を約2倍に広げ、床を抜いたダイナミックな環境やカフェテリア・スペースも整備されています。Twitterを見てみると他にも皆でヨガをする様子など、リラックスできる職場環境がうかがい知れます。

床もぶち抜く工事風景

床もぶち抜くSledgehammer

工事中の写真からもSledgehammer(大型ハンマー)のその名に相応しい、床をぶち抜く大胆な工事風景を見ることができます。

Sledgehammer Gamesが開発を手がける、『Call of Duty:WWII』とリークされている新作CoDの発表は、例年通りであれば4月から5月頃に行われると予想。ファンであれば一瞬も気が抜けない時期なので、当サイトにて続報を逐一チェックしてください。

Source: Activision Community , Twitter

  • 海外企業滑り台好きすぎだろ