PlayStation 4:販売台数700万突破、次回アップデートの予告も

PlayStation 4:販売台数700万突破、次回アップデートの予告も

本日 ソニー·コンピュータエンタテインメント(SCE)が公式ブログにて、PS4の累計販売台数が700万台の大台に乗った事を発表、PS4プラットフォームの急速な成長をアピールしました。合わせて、PS4専用ソフトウェアの販売数が2,050万本を突破したことも明らかにしています。


ライバルのXbox Oneの売上台数が今年の1月時点で300万台突破となっており、最新の売上台数が公開されればこの時点でのコンソール戦争の優劣はつきそうです。

PlayStation 4販売数

  • PS4本体:700万台(2014年4月6日時点)
  • PS4ソフトウェア:2,050万本(小売・PSストア合計)

Xbox OneがXbox Entertainment Studioやエンターテイメント機能の拡張を進めているのに対し、Playstation 4はバーチャルリアリティテクノロジー“Project Morpheus(プロジェクト モーフィアス)”を発表するなど、両者のアプローチは全く異なっており、今後の動向が気になるところです。

PlayStation 4は『inFAMOUS Second Son』が大ヒット中ですが、『Titanfall(タイタンフォール)』がXbox Oneの売上台数をかなり引っ張っているという話もあるので、実際の売上台数の差は思っているより僅差の可能性もあります。マイクロソフトはこの情報に対してカウンターを繰り出すのかどうかが注目されます。

PS4は現在72の国と地域で販売されており、専用ソフトウェアは合計で約120タイトルに増加したとの事です。
また、近くPS4のシステムソフトウェアのアップデートに関して「素晴らしい発表」があるとのことで、楽しみにしてほしいとしてます。

関連エントリ:

PlayStation 4 : 最新アップデート1.7が来週配信?動画編集やHDCPを無効など

コメント0
CATEGORY :
TAG :