Treyarch、『CoD:BO3』第3弾DLC“Descent”でついに伝統の「3レーン構造」を破壊

Treyarch、『CoD:BO3』第3弾DLC“Descent”でついに伝統の「3レーン構造」を破壊

第3弾DLC”Descent(ディセント)”の発売が現地時間の7月12日に予定されている『Call of Duty: Black Ops 3(コール オブ デューティ ブラックオプス 3)』。Treyarchがインタビューで頻発している「3レーン構造のマップ」への見解と、”Descent”でついに実施する新たな取り組みについて説明を行いました。

2レーン構造を採用したユニークなマップ“Rumble”

BO3_DLC3_Rumble-00
Rumble

Treyarchのマルチプレイプロデューサーであるマイルズ・レズリー氏は「Treyarchは3レーン構造のマップしか知らない」との批判があることを把握しているとしています。ただし3レーン構造はTreyarch特有のデザインではなく、『Counter Strike』や『Quake』、シリーズ中でも最高傑作の1つとしても知られている『CoD4:MW』などでも必ず3レーン構造のマップが登場していると説明。

3レーン構造は“良いマップデザイン”とは切り離せない要素であるとした上で、巨大ロボットが戦う新マップ“Rumble(ランブル)”ではその3レーン構造の伝統をぶち壊す2レーン構造を採用し、ユニークな要素をふんだんに取り入れているとしました。

「Rumbleの面白いところは2レーン構造になっているところだ。内側のレーンは外側に接続されており、巨大なアリーナエリアにはカバーとして使えるロボットが点在している。中心部にはバンカーが存在し、アリーナを一望できる窓や内側に繋がるトンネルも存在するので、押さえておきたい重要な拠点となるんだ」

新構造を採用したマップ“Berserk”

BO3_DLC3_Berserk-00
Berserk

氷に覆われたバイキングの村を舞台とする中規模マップ、Berserk(バーサク)については次のようにその特徴を語っています。

「Berserkは山間を切り開いて作られた村を舞台にしたクールなマップで、ところは中心部に設置されている橋がとてもユニークだ。非常にハードなチョークポイントになっていて、この橋の主導権を取るために戦いたいんだけど、レーンから橋の中心エリアに向けて峡谷が伸びていて、ジャンプして橋に乗ったり、橋の真下を通り抜けてほかのレーンに行くことができる」

「これは今までやったことがない取り組みで、中心のレーンを完璧に避けることが可能になっている。UplinkやCTFといったゲームモードでのプレイはとても面白いことになるね。これまでに見たことがないユニークなゲームプレイができるよ」

Call of Duty®: Black Ops III – Descent DLC Pack: Berserk Preview

Treyarchは第3弾DLC“Descent(ディセント)の詳細を明らかにするライブストリームを日本時間の7月9日深夜3時より配信。新マップの具体的なゲームプレイなども明らかになると予想されるので、続報にご期待ください。

Source: Lazy Gamer

コメント

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ライト二等兵

    これがいい方向にいくといいけど悪い方に転がったらみんな批判するんだろうなぁ~

  2. By れんこん

    期待しとくわ これでクソMAPなら泣いちゃうよ;;

  3. By 豚野郎

    キャンパーのわいにとって最高やん!

  4. By $214362225

    角待ちショットガンがイキイキしそうな気がしててやばい
    初心者がやる分には「倒し方考えてきたのか、偉いな」ってなるけど明らかなベテランがそれしか戦術とってこないなら気が滅入るだけ

  5. By ..

    レーンが減るとその分キャンパーが見てなきゃいけない部分が減るから籠もり易くなるんだよなぁ
    双方が前に出るようなら熱くなり易いんだけどね

  6. By やるやん?

    やるじゃねぇか

  7. By 95

    ええやん

  8. By ちんポジ決まらないマン

    三レーン構造が嫌いでbo3やめた俺にとってはすげえ嬉しい。あとは全マップ作り直してこい。

  9. By coco beru

    ゴーストみたいになるのかな

  10. By アモ

    アカン・・・

コメントする