BF1:戦艦や森林のマップなどが確認できる新たなスクリーンショットが公開

BF1:戦艦や森林のマップなどが確認できる新たなスクリーンショットが公開

クローズドアルファが終了し、次には8月下旬からのオープンベータの実施が予定されている『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』ですが、Originの商品ページにて、マップやビヒモス(巨大ビークル)のイメージを確認できる新しいスクリーンショットが公開されました。

BF1_screenhi_forest
BF1_screenhi_behemoth
マップは順に、クローズドアルファでも使用されたフランス北部の「THE ST. QUENTIN SCAR」、アルゴンヌの森を舞台とする「ARGONNE FOREST」、アドリア海での戦いを描く「EMPIRE’S EDGE」とされています。

「EMPIRE’S EDGE」のスクリーンショットには、劣勢側の陣営に投入される過去最大級のビークル「ビヒモス」の一つである戦艦が写っており、これで予告されていた全てのビヒモス(装甲列車、飛行船、戦艦)の詳細なスクリーンショットが公開されたことになります。

また、ビヒモスはマップに一つしか現れないため、残念ながら戦艦対戦艦の砲撃戦を再現することは出来ず、戦艦の主な仕事は強力な火力による地上への支援射撃となりそうです。

『Battlefield 1(バトルフィールド 1)』の発売日は2016年10月21日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。

Source: Origin