レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー

レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー

2019年11月28日発売予定の、PS4/PC対応のFPSゲーマー向けカスタムコントローラー「ASTRO C40 TR コントローラー」を国内発売前にじっくり試用のでレビューをお届けする。“最強”などとあまり安易に使いたくはないが、これまで使ってきたサードパーティ製コントローラーでは間違いなく“最強”だと感じてしまった。良い点といまいちな点を見ていきつつ、先行発売されている海外での評価もお届けする。

ASTRO C40 TR コントローラー 概要

  • どんなデバイス?:PS4/PC対応のFPSゲーマー向けカスタムコントローラー
  • 対象は?:我々一般FPSゲーマーからプロゲーマーにもマッチ
  • 特徴は?:PlayStation 4 ライセンス品! / 有線・無線対応
  • 価格は?:参考価格29,920円(税込)
  • 良い点は?:リアボタン / スティックとパッド入替 / 感度設定 / 移行しやすさ
  • いまいちな点は?:PS4本体の電源ON不可 / 重量?

ASTRO C40 TR コントローラーの良い点:DS4ユーザーなら一発で気に入るはず

Astro C40 TR -  レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー
DS4とサイス比較

PlayStation 4純正コントローラー「Dualshock 4(DS4)」をグリップなども付けずに素のまま使う、騎士道精神を持った筆者。しかしPS4ライセンス品の名が示すとおり時代は変わったし、そもそも勝負には絶対勝ちたいタイプなので試してみることに。これまでいくつかのサードパーティ製コントローラーを使って来たが、どれも慣れるまでに練習時間が必要だった。しかし「ASTRO C40 TR コントローラー」は持った次の瞬間からほぼ違和感なし。ある程度個人差はあるだろうが、2-3回通常マッチを試したあとは「もうランクマッチに行っても問題ない」と判断できたほど。この“純正DS4からスムーズに移行できる点”はK4sen氏も指摘している大きなメリットだ。

Astro C40 TR - Announce Video _ PS4 1-1 screenshot
目立たないが嬉しいポイントとして中央のくぼみ、USBの差込口があげられる。構造的に向きを間違えると奥まで行かないので、DS4のようにガチャガチャとハメてみる必要がない。傷も付きにくいだろう。

そして最大とも言える特徴「リアボタン」は、当然のようにジャンプでもしゃがみでも殴りでも好きなキーを割り当てることが可能。これは当然FPSをプレイする上で圧倒的に有利

PS4/PC向けの革新的新コントローラー「Astro C40 TR」国内発表、一般からプロまでサポートする本格仕様
リアボタンと赤いトリガーストップ

筆者はSFCやPS1世代のせいか未だにL1-L2/R1-R2を人差し指だけで操作してしまうが、「ASTRO C40 TR」はDS4よりも人差し指と中指が置きやすく感じ、やっと“人差し指1本プレイ”から脱却できるような気がしている(まだ気づいたら1本になっていて安定しない)。ただこれは個人的に不器用なだけで参考にならないかもしれない。

Astro C40 TR -  レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー
DS4と比較:L/RキーはDS4より押しやすく安定して指を置ける。R2/L2がR1/L1より奥に配置されているからだろう。R1/L1は細い横長で、R2/L2はどっしい大きなサイズ。LRのクリック感は心地よく、何よりストッパーによりコンマ数秒早く射撃できるらしいのは嬉しい。

なお海外ではスティックの単品販売も開始されており、前面のフェイスカバーも変更することが可能。いずれ国内向けに発売されれば交換するのも一興だろう。

Astro C40 TR -  レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー
交換可能なフェイスカバー
Astro C40 TR - レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー
アナログスティックとパッドを入れ替えてXbox One仕様に変更できる。これだけでも“買い”となるゲーマーは多いはず。
Astro C40 TR -  レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー
細部のデザインと色使いも美しい
Astro C40 TR -  レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー
有線・無線はスイッチで切り替え可能
レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー
ケーブルや付属のアナログスティックなどもすっぽり収まる頑丈なキャリングケース

ASTRO C40 TR コントローラーの残念ポイント

今度は残念な点を探してみよう。最大の残念ポイントはBluetooth機能がなく、PSボタンを押してもPS4本体の電源をリモートでONにできないこと。自身とPS4本体の距離が遠い環境の人はDS4も近くに置いておいたほうが便利だ。

次に最初は気づかずに少し戸惑ったのが、ASTROのヘッドセットユーザーなら「ASTRO Command Center」を愛用しているはずだが、これとは別のアプリ「C40 TR構成ソフトウェア(Win/Mac)」が必要なこと。些細だが、どうせならWindows Store対応で便利なASTRO Command Centerに統一してくれるとスッキリする。とは言え、C40 TR構成ソフトウェをインストールしてASTRO C40 TR コントローラーをPCにUSB接続するだけで即認識。ゴリゴリにカスタマイズすることができる。

Astro C40 TR -  レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー
基本のキー設定
Astro C40 TR -  レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー
個別のスティック感度。超精密なエイム調整ができるC40なだけに、ここもこだわりたい。
Astro C40 TR -  レビュー:国内発売前「ASTRO C40 TR コントローラー」使用レビュー、DS4からの乗り換えに最適な最強コントローラー
オーディオさえもここまで細かくセッティング可能

そしてDS4と100gの差がある重量(DS4が約210gでC40は約310g)にも触れておくべきだろう。C40で遊んだあとにDS4を持つとその軽さに驚くほどだが、そもそも300gはスマホよりも軽いこともありプレイ中は全く気にならない。なお、ライバルとなりそうなXbox Eliteコントローラーは約345gとなっているので、C40の方が少しだけ軽い。

ASTRO C40 TR コントローラー:海外レビュー抜粋

すでに発売済みの海外でのレビューを意訳・抜粋してお届けしよう。

  • XXXX XXXXXXXに慣れるのに約1か月かかったがC40は数時間で慣れた
  • アナログスティックはバターのような滑らかさ。高品質なケースも付いてきちゃう
  • 高いが品質はGOOD
  • カスタマイズが簡単なうえ膨大だ
  • 手が小さい人には向かないかもね
  • なんて大きな違いだ!R6SをプレイしたがもうR3/L3を押す必要はないんだぜ(※設定)
  • XXXXとXXXXXを買って後悔したが、C40はいいぜ
  • スティックがすぐ壊れた..
  • ドーム型の長いスティックはかなりおすすめ
  • バッテリーの持ちがDS4よりもめっちゃ長い
  • おれは「トーナメント」プレイヤーじゃないけど最高。ゲーマーなら手に入れるべき!
  • 悪くないけどPS4の電源をオンにできないのがね
  • バッテリーが切れる前に告知してほしいな
  • 本体が少し重いけど、素早くヘッドショットしていけば問題ないぜ(?)
  • さよなら、その他のエリートコントローラー
  • おれはこいつが大好きさ!

全体的に「XXX(某有名コントローラー)よりも良いといった」などと好印象の声が多いが、「左スティックが壊れた」との報告が目立ったのは気になるところ。ただ、海外での正規保証は6ヶ月ながら日本は2年保証なので万が一初期不良や故障があっても安心だ。

「ASTRO C40 TR コントローラー」まとめ

  • 純正コントローラーからの移行がスムーズ
  • Dパッドとアナログスティックの入れ替え機構
  • 勝ちたいなら必須のリアボタン搭載
  • 専用ソフトウェア「C40 TR構成ソフトウェア(Win/Mac)」による、プロプレイヤーでも満足できるカスタム機能
  • PS4だけでなくPCにも対応
  • 有線・無線対応
  • 公称12時間以上のバッテリー駆動時間
  • 自分にあったスティックを探せる(計6個付属)
  • 持ち運び用の頑丈なキャリングケース付属
  • ファームウェア/アップデートで機能改善
  • 重さは好みが分かれるかもしれない
  • 勝率が上がるのは間違いないはず
  • K4sen氏推奨「日本のプロプレイヤーは全員使ってほしい」
  • 正規品は保証2年付き(並行輸入品は不可)
  • お財布と要相談

単純に比べるものではないが、価格はPS4純正のDUALSHOCK 4が大体6,458円(税込)でC40は29,920円(税込)。一見すると高いと感じるが、パッドとスティック入れ替え、リアボタン、スティックとトリガーの感度調整やマッピングなどプロプレイヤーでも満足できるカスタム機能を始め、付属品の交換用アナログスティック4個(計6個)、充電用USB、無線レシーバー、交換用ツール、そして持ち運び用の頑丈なキャリングケース込みの値段であることを含めて検討するべきだろう(カスタム機能詳細)。筆者はカジュアル依りのFPSゲーマーだが、前述のように勝負には勝ちたいタイプ。そんな“ライトガチ”なFPSプレイヤーにもおすすめできるコントローラーとなっている。

ASTRO Gamingブランドアンバサダー/「コール オブ デューティ(CoD)」公式キャスター k4sen氏

今、日本のCoD競技シーンにおいてカスタムコントローラーの需要が高まっています。国際大会のプレーヤー達はカスタムコントローラーの使用が当たり前の中で日本は純正のコントローラープレーヤーが99%を占めており、歴史がまだ浅い日本シーンのプレーヤーたちはゲーム前からハンディキャップを背負う苦境に置かれています。この「ASTRO C40 TRコントローラー」は”土俵”を世界基準に挙げる革命的コントローラーであり、トーナメントレディーの名に恥じない最大限のカスタマイズ性と操作性を兼ね備えた究極の一品です。スティックレイアウトの転換は以前競技プラットフォームに選ばれていたXbox、そして現在のプラットフォームであり日本で根強いプレーヤー層をもつPS4®の両レイアウトに対応しているため、ほぼすべてのプレーヤーたちにとって最適な選択になります。トリガーストップや大会への持ち込みを前提に考慮されたケースなど、ここでは語り切れないほどのポテンシャルを内包しています。

製品仕様

  • 製品名(日本語):ASTRO C40 TR コントローラー
  • 製品名(英語):ASTRO C40 TR Controller
  • 型番:C40TR
  • 価格:オープン価格
  • オンラインストア価格:29,920円 税込)
  • 販売開始:2019年11月28日(木)
  • 保証期間:2年
  • 本体サイズ(幅×奥行×高さ):168mm x 108mm x 53mm
  • 本体重量:310g (C40TR本体のみ)
  • ケーブル長:2m
  • カラー:ブラック
  • 電池:充電式リチウムイオン電池
  • 充電時間:最大12時間の連続使用 *使用環境により異なります
  • オーディオ:3.5mmステレオミニプラグ対応
  • 必要システム:
    • PlayStation®4 もしくはPC: Windows®8/10
    • インターネット環境 ASTRO C40 TR構成ソフトウェアダウンロード時)
  • 接続I/F:Micro USBまたは2.4GHzワイヤレス接続
  • パッケージ内容:
    • C40TR コントローラー(以下装着済み):アナログスティックモジュール 2個、標準高コンケーブキャップ 2個、Dパッドモジュール 1個、Dパッドプラスカバー 1個、C40 TRフェースプレート 1個
    • キャリングケース(キャリングケース内):USBケーブル 2m、C40 TRツール、標準高ドーム型キャップ 2個、トールコンケーブキャップ 1個、トールドーム型キャップ 1個、USBワイヤレストランスミッター、クイックスタートガイド、保証書、重要情報書類

PlayStation 4ライセンスコントローラー「ASTRO C40 TRコントローラー」の発売日は2019年11月28日(木)で、参考価格は29,920円(税込)。現在Amazon.co.jpなどで予約受け付中。購入する際は2年のメーカー保証が付く「正規品」を推奨。「並行輸入品」には保証はない点に注意してほしい。

PS4/PC向けの革新的新コントローラー「Astro C40 TR」国内発表、一般からプロまでサポートする本格仕様

購読
通知
guest
10 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
8 月 前

cs本体買えそう

Anonymous
Anonymous
9 月 前

これ買ったらコントローラーにケーブルは挿しっぱなしにしておかないと

何度も挿し抜きしてたら壊れてしまった。

結局2台目を購入してしまうほどに愛用してたし使いやすいコントローラーに間違いないと思う

Anonymous
Anonymous
9 月 前

プロゲーマーが云々とかあるけど、
純コン使ってる身からすれば、純コン以外マウスと変わらんからなぁ
何か勘違いしてるんじゃないかな?

Anonymous
Anonymous
9 月 前

要は自分のスキルでしょ

Anonymous
Anonymous
9 月 前

3万もだして強くなるのか
そんなかわりません

Anonymous
Anonymous
9 月 前

この値段マウスでいいや

Anonymous
Anonymous
9 月 前

手が小さいからワイはむりやな。

Anonymous
Anonymous
9 月 前

値段に目つむればものすごく魅力的な製品だと思うかな
感覚麻痺してるのかわからんけどPADで3万円て普通なのかな?
ソニーがPADをXBOXみたいに自社開発しないのはサードパーティからライセンス料金もらうほうがお得だからなんかな?

Anonymous
Anonymous
9 月 前
返信する  Anonymous

言いますよ。よく聞いて下さい。
PADで3万は・・・「異常です。」

Anonymous
Anonymous
9 月 前

これ重さよりもグリップの太さが一番違和感感じるところだと思う
それ以外はすごく良いしDS4の使用感と変わり無いけど、グリップがDS4と比べて結構に太いから、持ち方によっては慣れない人もいるかも