Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area  F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

ユービーアイソフトは、『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』を丸パクリしたと巷で話題となっている『Area F2(軍事地域F2)』をストアで配信しているとして、AppleとGoogleを提訴しました。

ユービーアイ、動きます

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

eスポーツ界隈の看板作品の一つに名を連ねる『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ですが、これまでも様々ないわゆる「コピー品」と呼ぶしかないスマートフォン用アプリが登場してきました。中国のアリババグループが買収した香港を拠点とするEjoy.comが開発した『Area F2』は、先月4月16日にオープンベータを開始。

こちらもどうみても『レインボーシックス・シージ』の「パクリ」としか言えない作りとなっており、オープンベータが開催されていない日本でも話題に上るほどでした。

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area  F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

当然、自分たちが5年もかけて育ててきたタイトルを丸パクリされて喜べるはずがないユービーアイソフトは、『Area F2』をそれぞれのプラットフォームで配信しているAppleとGoogleに取り下げを要求しました。 しかし、両社がその要望を断ったとして、ユービーアイソフトはアメリカ時間の5月15日金曜日に、ロサンゼルスの裁判所にて両社を相手取り提訴しました。

UBIのコメント

Bloombergは、ユービーアイソフトが提訴の際に提出した資料に記されていた言葉を以下のように報じています。

アリババグループ擁するEjoy.comによって開発された『Area F2』は、異論を挟む余地もなく『レインボーシックス・シージ』の「ほぼ丸パクリ」です。 『レインボーシックス・シージ』は世界で最も人気のある対戦型マルチプレイヤーゲームであり、ユービーアイソフトの最も価値のある知的財産です。『Area F2』はオペレーターの選択画面から最終スコアのリザルト画面まで、その間のありとあらゆる全ての要素を実質的にコピーしています。

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴

Bloombergがこの件についてGoogleにコメントを求めたところ、緊急コメントはなし。Appleとアリババにもコメントを求めたものの、営業時間外だったのでコメントはなしとのこと。

Ejoy.comがまさかの反論

一方、ゲームアナリストのDaniel Ahmad氏がツイートした内容によると、『Area F2』の開発元Ejoy.comは以下のように公でコメントしているとのことです。

「Area F2は独自に開発されたものであり、これまでに2年間もかけて開発しています。著作権侵害は犯していません。当社はユービーアイソフトをリスペクトしており、当社のリーガルチームはすでに彼らと話し合いを始めている」

Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
独自に開発されたArea F2
Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
著作権侵害はしていないArea F2
Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
リーガルチームが存在するArea F2
Ubisoft、モバイルタクティカルFPS『Area F2』を『レインボーシックス シージ』の「丸パクリ」と断じAppleとGoogleを提訴
ユービーアイソフトをリスペクトするArea F2

『レインボーシックス・シージ』のグラフィックやルールどころか、ドローンや銃のリコイル、キャラクター、ラペリングなどまさにありとあらゆる要素が丸パクリしたと言うしかないほど似通っている『Area F2』。果たしてこの裁判は一体どのような着地を迎えるのでしょうか。

プレイレビュー

なお、『Area F2』は当サイトEAAでも実際にプレイしてレビューしているので、気になった方はぜひご一読ください。

レビュー:どこかで見たようなタクティカル・モバイルFPSゲーム『Area F2』をプレイしてみた

続報

[速報] モバイルタクティカルFPS『Area F2』が突然のサービス終了を発表

『レインボーシックス シージ』の発売日は2015年12月10日で、対象機種はPS4、Xbox One、PC。

Source: Bloomberg, @ZhugeEX

購読
通知
guest
66 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
Anonymous
Anonymous
4 月 前

こういうのって上手く行った試しないよな

Anonymous
Anonymous
4 月 前

海外に遅れをとったって言ってるけど、海外の企業が訴えてるんですがそれは。それに任天堂のゆるふわパーティーゲーとFPSやdotaとかを比べられてもなぁw 任天堂のせいじゃなくてただ日本企業が負けていっただけやろなおパクリと切磋琢磨は別物っすよ辞書読んで

Anonymous
Anonymous
4 月 前

パクるのはいつも華人

ジョーカー
ジョーカー
4 月 前

ふざけるんなよ!R6S。エリアは俺達モバイル専用の為頑張って作ったんだ!R6S はモバイル版作ろうと考えないくせによく訴訟できるな!!!マジふざけるな!だったら、いっそR6S が消えちまえばいいんだ!!!

Anonymous
Anonymous
4 月 前

Google、Appleじゃなくて開発元訴えないの?

名無し
名無し
4 月 前

中国か韓国だろうなとは思ったらやはりそうだった。これだけ地域的に集中してるって事は先天的な知的障害とかなんだろうね。

Anonymous
Anonymous
4 月 前

裁判員気取りのアホが多いなここ
UBIがパクリだと思ったから訴えたって話だろ要は
この件を処理するのはは裁判官ないし陪審員でかつ法律に基づいて判断すること
お前らが判別することでもないしそんな発言自体無意味

Anonymous
Anonymous
4 月 前

PUBGがパクリって、何からのパクリを言ってるのだろうか?

Anonymous
Anonymous
4 月 前

PUBGもそもそもパクリだから無理だったけどレインボーシックスシージは独自のゲーム性だし行けるんじゃないかな?

Anonymous
Anonymous
4 月 前

pubgはパクリというかh1z1の開発者もpubgの開発に携わってたみたいだしh1z1を踏み台にしたってイメージ。少なくとも作った人はパクったとは考えてなさそう