CoD:BOCW:アップデートで強武器MP5が弱体化、有効射程33%減少

CoD:BOCW:アップデートで強武器MP5が弱体化、有効射程33%減少

Treyarchの『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』。11月13日にリリースされたばかりですが、日本時間11月19日に早速武器バランス調整アップデートが入り、初期武器の一つであるサブマシンガンMP5の有効射程が33%減少しました。

MP5の有効射程距離が33%減少

『CoD:BOCW』では『CoD:MW』でも好評だったガンスミスモードがさらに詳細になっています。各種アタッチメントを組み合わせ、ダメージやリコイル、有効射程など、その武器のあらゆるステータスを綿密にチェックしながら自分だけの武器を作れるこのシステムは、『CoD:BOCW』の大きな魅力の一つと言えるでしょう。

その一方、ステータスが詳細に分析できるためにいわゆる強武器も分かりやすかったようで、発売当初からコミュニティでは、マルチプレイヤーモードの初期武器の一つであるサブマシンガンMP5に対する不満の声が上がっていました。

これを受けてか、Treyarchは最新のアップデートでMP5を弱体化。有効射程は、リリース時は15.24メートルでしたが、調整を受けて10.16メートルとなりました。

Treyarchのツイートによると「有効射程距離を33%減少させ、初期リコイルパターンも調整した」とのこと(Submachine Gun AlphaというのがMP5に相当します)。

他の武器・スコアストリークはシーズン1開始時に調整

他の武器やスコアストリークへの調整も予定されているようです。Treyarchのリードデザイナーであるトニー・フレイム氏のツイートによると、「既に分析データからは興味深い傾向が見られています」とのこと。

恐らくMP5の他にも何らかの武器やスコアストリークが使われすぎていることを示唆していると予想されます。そして次のバランス調整は、太平洋時間12月10日からスタートする「シーズン1」アップデートとともに実施されるとのことです。

『CoD:BOCW』のマルチで既に遊んでいるという方は、調整が必要そうな武器やストリークについて心当たりはあるでしょうか。ぜひコメント欄で予想やご意見をお聞かせください。

『Call of Duty: Black Ops Cold War(コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー)』の対象機種はPS5 / PS4 / PC / Xbox One / Xbox Series Xで、発売日は2020年11月13日(Xbox Series X版は2020年末)。

Source: CHARLIE INTEL

購読
通知
guest
47 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
ヒトラー
ヒトラー
12 日 前

低評価でしか反論出来ないバーストアンチお疲れ様様です笑っ

フルオートで近距離負けてるmp5共に死体撃ちするのまじ(≧︎皿≦︎)爆笑!

バーストがどうのって使えば良いだけ。
使えないゴミエイムが最終逃げ込むのがFFAR、mp5でおけ?

MP5
MP5
11 日 前
返信する  ヒトラー

PCでやってるとキルタイム早いあいつらに打ち勝つのまじできびぃんだよなぁ 
あと名前の付け方からしてクソキッズばれてっぞ

lmao
lmao
12 日 前

武器がー武器がーっていう人は同じ武器使えばいいじゃない
弱い武器使ってここでグダってんのは理解できないわ
そもそもPelingtonのADS、dmgも大概だと思うけど
そっちの批判が一切出ないのには草生える
どうせ公式の胸先三寸なんだから要望出したらどっしり構えてろよ

発狂
発狂
11 日 前
返信する  lmao

ダークマター迷彩目指してないから言えんだろそれw こちとらLMGの迷彩解除で発狂しそうだわww

EAA
EAA
12 日 前

M16, AUG以外の武器使う奴人権ねーからw
邪魔だからしねよw

EAA
EAA
12 日 前

M16, AUG以外の武器使う奴は人権ねーからw
しねよゴミ共w

ET
ET
13 日 前

まぁ最初に買わなくて正解だったわw