CoD:MW:最新アップデート配信、プレイリスト更新とさまざまなバグ修正

CoD:MW:最新アップデート配信、プレイリスト更新とさまざまなバグ修正

日本時間12月16日、Infinity Wardは『Call of Duty: Modern Warfare(コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア / CoD:MW)』へアップデートを配信、パッチノートを公開しました。

「シーズン1」と同時に『CoD:MW』プレイリスト更新

Treyarchが手がける『CoD:BOCW』では日本時間12月16日より「シーズン1」がスタート。これに合わせて、Infinity Wardの『CoD:MW』および『ウォーゾーン』の3タイトルで進行システムが統一され、さらに『ウォーゾーン』には『CoD:BOCW』と『CoD:MW』両方の武器を持ち込めるようになりました。

『CoD:MW』では「シーズン6」を最後に将来の大型アップデートなどは告知されておらず、また今後追加コンテンツがあるのかも不明ですが、プレイリストは引き続き更新、バグ修正や武器調整も合わせて実施されています。

  • 『CoD:MW』プレイリスト更新
    • ブーツオンザグランドウォー
    • 設計図ガンファイト
    • フェイスオフ
    • サーチアンドデストロイ・ダブルダウン
    • リアリズム・ガンゲーム

全般的な修正

  • ハックニーヤードでミノタウルがとどめの一撃を出せないバグを修正
  • 一部のプレイヤーが正しい数のキルを獲得しても戦術核を入手できないバグを修正
  • ウィールソンがさまざまな地形を走れるように修正
  • 「サイバーアタック」プレイ中に“蘇生”のプロンプトが現れていたバグを修正

武器

  • Fennec:射程距離を増加
  • ISO:射程距離を増加

『コール オブ デューティー モダン・ウォーフェア(CoD:MW)』の発売日は2019年10月25日で、対象機種はPlayStation 4Xbox One、PC(Battle.net)。

Source: Infinity Ward

購読
通知
guest
6 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る