レインボーシックス シージ:CYCLOPS athlete gamingが「シックスインビテーショナル2021」出場決定、日本チーム2年ぶりのシージ界の祭典へ

レインボーシックス シージ:CYCLOPS athlete gamingが「シックスインビテーショナル2021」出場決定、日本チーム2年ぶりのシージ界の祭典へ

Ubisoftの『Rainbow Six Siege(レインボーシックス シージ)』ではイヤー5シーズン4「オペレーション・ネオンドーン」が進行中。一方シージeスポーツ競技シーンでは、2021年2月に行われる「シックスインビテーショナル」に向けたAPAC予選で、日本チームCYCLOPS athlete gamingがその出場権を獲得しました。

インビテーショナルAPAC予選決勝はCAGが勝利

Six Invitational 2021 APAC予選 決勝【レインボーシックスシージ】

先週からスタートし、アジア全域のチームが激突した「シックスインビテーショナル2021」APAC予選も、12月18日で最終日を迎えました。

予選決勝戦のマッチアップは日本チームCYCLOPS athlete gaming@CYCLOPS_OSAKA)と、タイのチームXavier Esports@Xavier_Esports)。オンラインでBo3を行い、CAGがマップスコア2-1で勝利を収めました。

  • CAG vs Xavier
    • 第1マップ「カフェ」:1-7
    • 第2マップ「オレゴン」:8-7
    • 第3マップ「領事館」:7-3

CAGは第1マップの「カフェ」こそ、XavierのsprOnigiri選手を中心とした鋭い撃ち込みに身動きが取れず、1-7と不穏な敗戦を喫してしまいました。しかし第2マップ「オレゴン」では徐々に普段の撃ち合いの強さやカバーの早さを取り戻して8-7と辛勝します。

そして第3マップの「領事館」では、CAGは序盤からリードをとると、国内でも随一のフラッガーとして名高いAnitun選手の1v4クラッチで試合を支配。その後のXavierの抵抗もしのぎ切って7-3で勝利し、合計マップスコア2-1で、2021年2月にヨーロッパで開催されるシージ界最大の祭典「シックスインビテーショナル2021」への出場権を獲得しました。

なおCAGは初出場ですが、SuzuC選手は「シックスインビテーショナル2018」で伝説のチームeiNsのメンバーとして出場経験があります。

日本チームの2年ぶりのインビテーショナル出場決定は、日本のシージコミュニティにとっても大きな祝砲となりました。来年の2月、果たしてCAGは世界をどれだけ驚愕させられるのか。今から期待が高まります。

シックスインビテーショナル2021出場チーム

「シックスインビテーショナル2021」は、世界中のチームが並ぶグローバルランキングの上位16チームに加え、4つのリージョンの予選を勝ち上がってきた4チーム、計20チームが今年度のチャンピオンを決めるために一堂に会するシージ界最大の祭典です。現在出場が決まっているチームは以下の通り。

  • EUリージョン
    • BDS Esports
    • Vertus.Pro
    • Team Empire
    • G2 Esports
    • (予選枠)
  • 北米リージョン
    • Spacestation Gaming
    • Team SoloMid
    • DarkZero Esports
    • Oxygen Esports
    • (予選枠)
  • 南米リージョン
    • Ninjas in Pyjamas
    • Team Liquid
    • Team oNe
    • FaZe Clan
    • Mibr
    • (予選枠)
  • APACリージョン
    • Giants Gaming
    • Cloud9
    • Wildcard Gaming
    • CYCLOPS athlete gaming

なお、APAC以外のリージョンでは予選が続いています。EAA!!では「シックスインビテーショナル2021」に関する情報も引き続きお届けしていきますので、競技シーンファンの皆さんはお見逃しなく。

購読
通知
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る