オーバーウォッチ:かわいいOWLスキン「MM-メイ」販売開始、眼鏡を外したコーンロウの格闘家メイ

オーバーウォッチ:かわいいOWLスキン「MM-メイ」販売開始、眼鏡を外したコーンロウの格闘家メイ

本日2021年4月29日、Blizzard Entertainmentは『Overwatch(オーバーウォッチ)』のライブサーバーに対しアップデートを実施しました。アップデート内容は、現在開催中のオーバーウォッチリーグ「May Melee」トーナメント・スキン「MM-メイ」の追加と販売の開始です。

「MM-メイ」スキン

今回追加された「MM-メイ」スキンは現地時間の5月11日までの販売で、価格は200リーグトークンとなっています。

ボクシングや総合格闘技(MMA)からインスピレーションを受けた本スキンは、オーバーウォッチリーグ 2021シーズン最初の勝者を決めるトーナメント「May Melee」にふさわしい力強い装い。また、メイのスキン初の眼鏡、又はゴーグルといったグラスアイテムを着用していないスキンとなっています。かわいい。

「May Melee」スキンの対象ヒーローとしてメイが選ばれた理由は、昨年コミュニティでメイと「May Melee」を掛けたシャレ(May-Mei)が広まっていたためとの事。気候学者兼冒険家と頭脳派な印象を受ける設定のメイですが、実践でのタフな立ち回りを考えると、スキンの対象ヒーローとして悪くない選択と言えるのではないでしょうか。

「クラシック」スキン(左)と「MM-メイ」スキン(右)

ゲーム内通貨の一種であるリーグトークンについては、オーバーウォッチリーグニュースの購読やオールアクセスパスの特典などとしての配布が過去に行われましたが、通常の入手手段である課金を日本国内から行うのは困難となっています。海外プロキシサーバの経由などで購入する事も可能ですが、公式に推奨された方法ではないため完全に自己責任で行う必要があります。

リーグMVPスキンの販売は前回追加された「Good vs Evil」で最後と発表されていますが、今後多くのOWLレジェンダリースキンの販売を行っていく事も合わせて発表されています。そのため、今回「May Melee」トーナメント・スキンが発売されたように、今後控える3つのトーナメント「June Joust」「Summer Showdown」「Countdown Cup」でも同様に、開催期間に合わせて限定スキンが販売されるのではないかと考えられます。

関連記事

『Overwatch(オーバーウォッチ)』は絶賛発売中で、対象機種はPS4 / Xbox One(海外のみ)/ PC / Nintendo Switch。

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション - PS4

オーバーウォッチ オリジンズ・エディション – PS4

7,807円(06/13 19:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

Source:Overwatch

コメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    日本人の感覚からしたら、かわいくない

  2. By 匿名

    頭部全体のデザインが酷いなぁ。
    化粧の濃さとドレッドがくどい。

  3. By 匿名

    何で目がデカくなっとんねん
    プリクラか?

LEAVE A REPLY TO 匿名 CANCEL REPLY

*