Battlefield 4 : 大量の改善が追加。蘇生タイマーやジェットの視点、オブリタレーション、ラッシュなど

Battlefield 4 : 大量の改善が追加。蘇生タイマーやジェットの視点、オブリタレーション、ラッシュなど

『BATTLEFIELD 4(バトルフィールド 4)』のコミュニティーテスト環境(CTE)にて、UIの改善を含む大きな変更や微調整が加えられました。変更のリストは下記となっており、プレイヤーにとってなかなかの良変更と言えるのではないでしょうか。

中には蘇生可能な時間を蘇生アイコンに表示する通称「Triage(トリアージ)」も入っており、よりプレイヤーの事を考えたGUIの変更が「プレイヤーファースト」を感じさせてくれます。

戦闘機に関する変更

  • BF3で登場したチェイスカメラの実装。バレルロール等をしてもカメラが水平に保たれるように
  • 一人称視点時のレティクルに影を追加し、明るい場所でも見易く
  • ジェットの三人称視点時のレティクルを新たに追加

オブリタレーションに関する変更

  • ボムを運んでいるプレイヤーのマップ上の表示サイクルを、10秒間表示・5秒間非表示に設定
  • ボムを運んでいるプレイヤーが運転中のビークルに乗り込んだ場合アラートを表示

ラッシュの変更

  • MCOMの位置を変更
  • カバーの追加と削除
  • ビークルの追加、削除、位置の変更
  • その他のバランス変更

その他の変更

  • 蘇生不可能になるまでの時間を、メーターとしてアイコン上に表示し、優先度のより高い蘇生対象を一目で認識可能にする通称「トリアージ」
  • 三人称視点時のヒットリアクションと頭の怯み動作を軽減
  • コマンダーのガンシップのクールダウンを60秒に増加
  • 40mmとM18グレネードのスモークを増量

下記の動画で、蘇生アイコンと戦闘機に関する変更を確認できます。

HUGE Jet Changes & Triage! – Battlefield 4 CTE

Source:Battlefield 4 Blog